終身保険ランキング|合計ポイントで終身保険ランキング

title_bar81

インターネットで「終身保険 ランキング」と検索すると、終身保険ランキングを掲載したサイトを多数見ることができます。

その中身を見ていくと、Aサイトで1位だった終身保険がBサイトでは全く出てこないということに気づきます。
どうしてこうなるかと言えば、サイト運営者それぞれに思惑があるからです。

つまり自分が売り上げを多くしたい商品をランキング1位に持ってくる場合が少なくないというわけです。

スーパーなどに行くと、よく「おすすめN0.1!」「今週の売れ行きNo.1」というようなポップを目にすることがあると思いますが、あれはそのように書くことによって、売り上げが伸びるからです。

一方で真面目に比較検討して「終身保険ランキング」として掲載しているサイト運営者もいるので、少数の
サイトだけを見て、その終身保険の良し悪しを決めるのはリスキーだということを理解しておいていただきたいと思います。

title_bar82

上記の通り、思惑有りの終身保険ランキング真面目な終身保険ランキングがありますので、そんな状況の中「ランキングを活用して終身保険選定をしたい!」とおっしゃるなら、ランキングに信憑性を持たせるために、各サイトのランキングを数値化して、その合計ポイントでランキングし直す(ポイントランキングを新たに
作成する)
ことで、より有意な終身保険ランキングに近付けることができるのではないかと考えます。

そこで次の作成手順で “終身保険ポイントランキング”を作成しました。

1. 終身保険ランキングを掲載している20サイト前後を調査
2. サイト毎に1位~3位にランクインしている終身保険商品をチェック
3. 1位の商品に3点2位の商品に2点3位の商品に1点を付与し、その合計ポイントの高い順に終身保険ポイントランキングとして順位付け

Aサイト
1位 終身保険「アクサダイレクトの終身保険」(アクサダイレクト生命)
2位 終身保険「長割り終身」(東京海上日動あんしん生命)
3位 E-終身(AIG富士生命)
Bサイト
1位 E-終身(AIG富士生命)
2位 終身保険「アクサダイレクトの終身保険」(アクサダイレクト生命)
3位 終身保険「長割り終身」(東京海上日動あんしん生命)
Cサイト
1位 終身保険「アクサダイレクトの終身保険」(アクサダイレクト生命)
2位 終身保険RISE [ライズ](オリックス生命)
3位 未来の自分が決める保険 WAYS(アフラック)
Dサイト
1位 ずっとスマイル(メットライフ生命)
2位 つづけトク終身(メットライフ生命)
3位 長生き支援終身(東京海上日動あんしん生命)
Eサイト
1位 バリアブルライフ 変額保険(終身型)(ソニー生命)
2位 一生のお守り(損保ジャパン日本興亜ひまわり生命)
3位 E-終身(AIG富士生命)
Fサイト
1位 バリアブルライフ 変額保険(終身型)(ソニー生命)
2位 終身保険RISE [ライズ](オリックス生命)
3位 E-終身(AIG富士生命)
Gサイト
1位 未来の自分が決める保険 WAYS(アフラック)
2位 終身保険RISE [ライズ](オリックス生命)
3位 E-終身(AIG富士生命)
Hサイト
1位 つづけトク終身(メットライフ生命)
2位 こだわり終身(マニュライフ生命)
3位 E-終身(AIG富士生命)
Iサイト
1位 E-終身(AIG富士生命)
2位 終身保険「アクサダイレクトの終身保険」(アクサダイレクト生命)
3位 終身保険「長割り終身」(東京海上日動あんしん生命)
Jサイト
1位 バリアブルライフ 変額保険(終身型)(ソニー生命)
2位 一生のお守り(損保ジャパン日本興亜ひまわり生命)
3位 終身保険RISE [ライズ](オリックス生命)
Kサイト
1位 バリアブルライフ 変額保険(終身型)(ソニー生命)
2位 一生のお守り(損保ジャパン日本興亜ひまわり生命)
3位 終身保険RISE [ライズ](オリックス生命)
Lサイト
1位 つづけトク終身(メットライフ生命)
2位 E-終身(AIG富士生命)
3位 バリアブルライフ 変額保険(終身型)(ソニー生命)
Mサイト
1位 未来の自分が決める保険 WAYS(アフラック)
2位 終身保険RISE [ライズ](オリックス生命)
3位 つづけトク終身(メットライフ生命)
Nサイト
1位 終身保険「長割り終身」(東京海上日動あんしん生命)
2位 未来の自分が決める保険 WAYS(アフラック)
3位 一生のお守り(損保ジャパン日本興亜ひまわり生命)
Oサイト
1位 一生のお守り(損保ジャパン日本興亜ひまわり生命)
2位 未来の自分が決める保険 WAYS(アフラック)
3位 バリアブルライフ 変額保険(終身型)(ソニー生命)
Pサイト
1位 バリアブルライフ 変額保険(終身型)(ソニー生命)
2位 終身保険RISE [ライズ](オリックス生命)
3位 E-終身(AIG富士生命)
Qサイト
1位 未来の自分が決める保険 WAYS(アフラック)
2位 終身保険「長割り終身」(東京海上日動あんしん生命)
3位 アフラックの終身保険 どなたでも(アフラック)
Rサイト
1位 こだわり終身(マニュライフ生命)
2位 未来の自分が決める保険 WAYS(アフラック)
3位 終身保険「長割り終身」(東京海上日動あんしん生命)
Sサイト
1位 バリアブルライフ 変額保険(終身型)(ソニー生命)
2位 終身保険RISE [ライズ](オリックス生命)
3位 E-終身(AIG富士生命)
Tサイト
1位 バリアブルライフ 変額保険(終身型)(ソニー生命)
2位 一生のお守り(損保ジャパン日本興亜ひまわり生命)
3位 E-終身(AIG富士生命)
Uサイト
1位 バリアブルライフ 変額保険(終身型)(ソニー生命)
2位 ネオdeとりお(ネオファースト生命)
3位 未来の自分が決める保険 WAYS(アフラック)

 

以下に終身保険ポイントランキングを掲載します。

各終身保険の保険料については、正確を期すためにも、あなた自身で必ずご確認をお願いします

バリアブルライフ 変額保険(終身型)(ソニー生命):26点
1位 8回
2位 0回
3位 2回
30才男性 死亡保険金500万円 60才保険料払済 7,710円

かつて運用がうまくいっていた頃に人気のあったのが変額保険で、そのリバイバル版ともいえる終身保険です。
通常の終身保険と比べると、同じ死亡保険金の場合に保険料がだいぶ安くなる(15~20%)ということで人気があるようです。
死亡保険金の額が下がることはありませんが、解約返戻金については運用がうまくいかなかった時には減額されてしまいますので、その辺をどう捉えるのかによって評価が分かれるところです。
運用先については、「株式型」「債券型」「短期金融市場型」など8つの投資先の中より契約者が指定する形になります。
解約を前提でない方には非常にお勧めできる終身保険です。
未来の自分が決める保険 WAYS(アフラック):17点
1位 3回
2位 3回
3位 2回
30才男性 死亡保険金500万円 60才保険料払済 9,050円

この終身保険は、働き盛りの時は死亡保険として役立たせ、払い込みが終わる時から、その解約返戻金を元に、「死亡保障」コース、「年金」コース、「介護年金」コース、「医療保障」コースに変更することができるというもの。この選択を将来になってからできるところがウリだと考えられます。保険料の払込期間を60歳、65歳、70歳より選択できますが、解約返戻金を活用するという意味では60歳払い済みにしたところです。
60才保険料払込期間満了直後の解約返戻金返戻率=116.2%
E-終身(AIG富士生命):16点
1位 2回
2位 1回
3位 8回
30才男性 死亡保険金500万円 60才保険料払済 9,625円

この保険は低解約返戻金型終身保険で、保険料払込期間中の解約返戻金は通常の70%となっているために、
保険料の支払金額が少なくて済みます。
もちろん払込期間終了後は通常の解約返戻金と同じ額に一気に跳ね上がりますので、将来的に解約して資金
として使いたいという人向きです。またこの解約返戻金を元に、「年金受け取り」や「介護保障」に移行することができます。
60才保険料払込期間満了直後の解約返戻金返戻率=116.5%
4位 終身保険RISE(オリックス生命):14点
1位 0回
2位 6回
3位 2回
30才男性 死亡保険金500万円 60才保険料払済 9,240円

この保険は低解約返戻金型終身保険で、保険料払込期間中の解約返戻金は通常の終身保険(無配当終身保険)の70%となっています。
保険料払込期間満了直後に通常の終身保険と同じ解約返戻金になります。
もし通常の終身保険を契約するとなると、保険料は10,980円となりますので、15.8%くらいお安いと言えます。
60才保険料払込期間満了直後の解約返戻金返戻率=115.9%
5位 一生のお守り(損保ジャパン日本興亜ひまわり生命):12点
1位 1回
2位 4回
3位 1回
30才男性 死亡保険金500万円 60才保険料払済 9,640円

万が一の時の死亡保障は一生涯で、保険料払込期間中の解約返戻金が無配当終身保険の70%となっているために、保険料は無配当終身保険と比べ安くなっています。「低解約返戻金期間」満了後の解約返戻金は、無配当終身保険と同水準になるため、一気に跳ね上がります。
また特定疾病診断保険料免除特約を付加することで、三大疾病(がん・急性心筋梗塞・脳卒中)で所定の状態に該当した場合、以後の保険料の払込免除となるのみならず、解約返戻金は、保険料が一時に払い込まれたとして扱われるという他社にあまり見られない仕組みになっています。
60才保険料払込期間満了直後の解約返戻金返戻率=不明
6位 アクサダイレクトの終身保険(アクサダイレクト生命):10点
1位 2回
2位 2回
3位 0回
30才男性 死亡保険金500万円 60才保険料払済 9,485円

この商品も低解約返戻金型終身保険で、保険料払込期間中の解約返戻金は通常の終身保険(無配当終身保険)の70%となっています。2015年9月に「カチッと終身保険」から商品名が変更されました。
保険料払込期間は15年、終身、55歳・60歳・65歳より選択できます。15年払い済みにすれば、子供さんの教育資金の一部として利用することもできます。
60才保険料払込期間満了直後の解約返戻金返戻率=112.7%
6位 終身保険「長割り終身」(東京海上日動あんしん生命):10点
1位 1回
2位 2回
3位 3回
30才男性 死亡保険金500万円 60才保険料払済 9,845円

この商品も低解約返戻金型終身保険で、保険料払込期間中の解約返戻金は通常の終身保険の70%となっていますので、保険料が割安となっています。
低解約返戻金期間満了後に、将来の保険金の支払いにかえて年金支払いへの移行も可能。
60才保険料払込期間満了直後の解約返戻金返戻率=111.7%
8位 (つづけトク終身メットライフ生命):9点
1位 2回
2位 1回
3位 1回
30才男性 死亡保険金500万円 60才保険料払済 10,485円

低解約返戻金型終身保険ですが、積立て利率年1.50%を最低保障しつつも、10年ごとにこの積立て利率を
更改するので、運用がうまくいけば(景気が良くなれば)解約返戻金も多くなることが期待できます。
60才保険料払込期間満了直後の解約返戻金返戻率=113.1%(積立て利率により変動する)
9位 こだわり終身(マニュライフ生命):5点
1位 1回
2位 1回
3位 0回
30才男性 死亡保険金1,000万円 65才保険料払済 18,140円

低解約返戻金型終身保険ですが、非喫煙者の方は更に保険料が安くなりますので、ノンスモーカーの方は検討の余地があります。
65才保険料払込期間満了直後の解約返戻金返戻率=108.3%
10位 ずっとスマイル(メットライフ生命):3点
1位 1回
2位 0回
3位 0回
30才男性 死亡保険金500万円 終身払い 9,905円

この商品は、主契約が終身保険(引受基準緩和型)で、いわゆる持病持ちの方でも入りやすい保険として
扱われています。そのために保険料が通常の保険と比べて割高となっています。また1年以内の死亡に関しては保険金が半額しか支払われないという規約ですが、2年目以降は通常通り全額支払われますので、持病持ちの方には嬉しい終身保険とも言えます。
60才時解約返戻金返戻率=21.1%
11位 ネオdeとりお(ネオファースト生命):2点
1位 0回
2位 1回
3位 0回
30才男性 死亡保険金500万円 60才保険料払済 11,675円

ネオファースト生命第一生命グループの一員です。この商品も低解約返戻金型終身保険で、非喫煙者の方は
保険料が約4%~最大約40%程度安くなります(上記保険料は非喫煙者)。保険金が出るのは死亡した時
のみならず、所定のがん・急性心筋梗塞・脳卒中(三大疾病)に見舞われた時にも支払われるのが特長です。
60才時解約返戻金返戻率=不明
12位 長生き支援終身(東京海上日動あんしん生命):1点
1位 0回
2位 0回
3位 1回
30才男性 死亡保険金500万円 60才保険料払済 10,770円

この商品も低解約返戻金型終身保険で、保険料払込期間中の解約返戻金は通常の終身保険の70%となっています。
特約として3大疾病に罹った時に保険料が免除される「3大疾病保険料払込免除特則」や「健康祝金」を
受け取れる特約を付加することができます。勿論その分保険料は高くなります。
60才時解約返戻金返戻率=101.9%
12位 アフラックの終身保険どなたでも(アフラック):1点
1位 0回
2位 0回
3位 1回
40才男性 死亡保険金3,847,200円 終身払い 12,000円

「満40歳~満80歳までなら、健康状態にかかわらず誰でも申し込める保険」というのが特長。保険料ベース(2,000円以上1,000円単位)で保険金が確定するというように、通常の保険とは少し違った形で保険金が
定められます。契約日からその日を含めて2年を経過した日の翌日から、契約時に定めた「死亡保険金額」の
保障が始まります。
契約日から2年以内に死亡した場合の死亡保険金については、既払込保険料相当額となります。
60才時解約返戻金返戻率=不明

以上、終身保険ポイントランキングです。

通常の終身保険ランキングよりも信頼できるランキングだと思われますので、有効にご活用いただければ幸いです。

なお、気になる終身保険が見つかりましたら、その保険会社から必ず資料などを取り寄せるか、実際にプランを作成してもらうなどして、ご自身の目で内容の確認をしていただけますようにお願いいたします。

ご自身で判断がつきづらいという場合は、毎日数百件~数千件単位で行なわれているFP無料保険相談
全国に2,000店舗あると言われる保険ショップ無料保険相談を利用して、アドバイスを受けるといいでしょう。

更に詳細な内容について、いろいろとレクチャーしてくれるはずです。

ただ、FP無料保険相談や保険ショップ無料相談をする際には、注意すべきポイントがありますので、その点については以下にて必ずご確認ください。

「FP保険無料相談|重要事項とFP紹介会社ランキング」はこちら
「保険ショップの保険無料相談|注意事項と検索・予約」はこちら

生命保険トピックス

FPのチカラ




PAGE TOP ↑