title_bar85

ブラウザで「収入保障保険 ランキング」と検索すると、収入保障保険ランキングを掲載したサイトが数多く
並びます。
それらを見ていくと、あるサイトでは1位だった収入保障保険が違うサイトでは全くランクインしていなかったりします。

なぜこういった結果になるのかと言えば、サイト運営者それぞれに思惑があるからです。

すなわちサイト運営者が売り上げを上げたい収入保障保険をランキング1位に持ってくることが稀ではない
ということです。

スーパーなどに行くと、よく「今週のおすすめN0.1!」「店長おすすめNo.1!」というようなポップを目にする
ことがあると思いますが、あれはそのように掲載することで、売り上げが上がることがわかっているからです。

ただサイト運営者の中にも、キチンと調査をして「収入保障保険ランキング」として載せている人もいるので、数個のサイトだけを見て、その収入保障保険の優劣を決めつけるのは危険だということを理解しておかなければなりません。

title_bar86

先述の通り、思惑が有る収入保障保険ランキングキチンと調査したうえでの収入保障保険ランキングがありますので、そんな状況の中「ランキングを活用して収入保障保険を選びたい!」と考えているなら、ランキングに信憑性を持たせるためにも、各サイトのランキングを数値化して、その合計ポイントでランキングし直す
(ポイントランキング)ことで、有意な収入保障保険ランキングに近付けることができるのではないかと考えます。

そこで次の作成手順で “収入保障保険ポイントランキング”を作成しました。

1. 収入保障保険ランキングを掲載している20サイト前後を調査
2. サイト毎に1位~3位にランクインしている収入保障保険商品をチェック
3. 1位の商品に3点2位の商品に2点3位の商品に1点を付与し、その合計ポイントの高い順に収入保障保険ポイントランキングとして順位付け

Aサイト
1位 家族のお守り(損保ジャパン日本興亜ひまわり生命)
2位 &LIFE総合収入保障保険(三井住友海上あいおい生命)
3位 収入保障保険(AIG富士生命)
Bサイト
1位 収入保障2(アクサダイレクト生命)
2位 家族をささえる保険Keep(オリックス生命)
3位 収入保障保険プレミアム(チューリッヒ生命)
Cサイト
1位 マイディアレスト(メットライフ生命)
2位 家族のお守り(損保ジャパン日本興亜ひまわり生命)
3位 メディフィット収入保障(メディケア生命)
Dサイト
1位 収入保障保険プレミアム(チューリッヒ生命)
2位 収入保障保険(AIG富士生命)
3位 家計にやさしい収入保障(T&Dフィナンシャル生命)
Eサイト
1位 家族のお守り(損保ジャパン日本興亜ひまわり生命)
2位 &LIFE総合収入保障保険(三井住友海上あいおい生命)
3位 収入保障2(アクサダイレクト生命)
Fサイト
1位 収入保障2(アクサダイレクト生命)
2位 働く人への保険(ライフネット生命)
3位 家計保障定期保険(東京海上日動あんしん生命)
Gサイト
1位 家族のお守り(損保ジャパン日本興亜ひまわり生命)
2位 家族をささえる保険Keep(オリックス生命)
3位 家計保障定期保険(東京海上日動あんしん生命)
Hサイト
1位 家族のお守り(損保ジャパン日本興亜ひまわり生命)
2位 &LIFE総合収入保障保険(三井住友海上あいおい生命)
3位 家族をささえる保険Keep(オリックス生命)
Iサイト
1位 収入保障2(アクサダイレクト生命)
2位 家族をささえる保険Keep(オリックス生命)
3位 マイディアレスト(メットライフ生命)
Jサイト
1位 家族のお守り(損保ジャパン日本興亜ひまわり生命)
2位 家族をささえる保険Keep(オリックス生命)
3位 収入保障2(アクサダイレクト生命)
Kサイト
1位 収入保障2(アクサダイレクト生命)
2位 マイディアレスト(メットライフ生命)
3位 家計保障定期保険(東京海上日動あんしん生命)
Lサイト
1位 家族のお守り(損保ジャパン日本興亜ひまわり生命)
2位 &LIFE総合収入保障保険(三井住友海上あいおい生命)
3位 家族をささえる保険Keep(オリックス生命)
Mサイト
1位 家族のお守り(損保ジャパン日本興亜ひまわり生命)
2位 家族をささえる保険Keep(オリックス生命)
3位 &LIFE総合収入保障保険(三井住友海上あいおい生命)
Nサイト
1位 家族をささえる保険Keep(オリックス生命)
2位 家族のお守り(損保ジャパン日本興亜ひまわり生命)
3位 こだわり収入保障(マニュライフ生命)
Oサイト
1位 収入保障保険(AIG富士生命)
2位 家族のお守り(損保ジャパン日本興亜ひまわり生命)
3位 家計保障定期保険(東京海上日動あんしん生命)
Pサイト
1位 家族のお守り(損保ジャパン日本興亜ひまわり生命)
2位 家族をささえる保険Keep(オリックス生命)
3位 &LIFE総合収入保障保険(三井住友海上あいおい生命)
Qサイト
1位 メディフィット収入保障(メディケア生命)
2位 家族をささえる保険Keep(オリックス生命)
3位 &LIFE総合収入保障保険(三井住友海上あいおい生命)
Rサイト
1位 収入保障2(アクサダイレクト生命)
2位 家族をささえる保険Keep(オリックス生命)
3位 収入保障保険プレミアム(チューリッヒ生命)
Sサイト
1位 家族のお守り(損保ジャパン日本興亜ひまわり生命)
2位 収入保障2(アクサダイレクト生命)
3位 収入保障保険プレミアム(チューリッヒ生命)

 

以下に収入保障保険ポイントランキングを掲載します。

各収入保障保険の保険料については、正確を期すためにも、あなた自身で必ずご確認をお願いします

家族のお守り(損保ジャパン日本興亜ひまわり生命):33点
1位 9回
2位 3回
3位 0回
35才男性 月額15万円 保険期間60歳 平準払込 3,735円(非喫煙者健康体)

保険料の払い方には、平準払込方法の他、5年ごとに安くなる低減払込方法もあります。
また申込者の喫煙状況やBMI(肥満度)・血圧により4種類の保険料率(非喫煙者健康体・非喫煙者標準体・喫煙者健康体・標準体)が適用されます。
非喫煙者健康体で3,735円の保険料は、標準体だと5,295円となるので、だいぶ変わってきます。
なお60歳で死亡した時でも、最低2年間は設定月額金額が受け取れます。
三大疾病により所定の身体状況になった場合は、それ以降の保険料の支払は必要ありません。
また特定疾病収入保障特約を付加しておくと、三大疾病により所定の身体状況になった場合、毎月設定月額金額を2年間受け取れます。
家族をささえる保険Keep(オリックス生命):21点
1位 1回
2位 8回
3位 2回
35才男性 月額15万円 保険期間60歳 4,425円

保険期間は加入年齢により選択肢が限定されます。
死亡時には年金受け取りが原則となっていますが、年金受け取りの代わりに一括受け取りを選択することができます。その際の受け取り金額は年金受け取りをする場合に想定される合計金額より減額されます。
60歳で死亡した時でも、最低1年間は設定月額金額が受け取れます。最低期間は1年または5年より選択できます。
不慮の事故により、約款所定の身体障害の状態になられた場合、以後の保険料の払込みは免除され、そのまま保障が継続します。
収入保障2(アクサダイレクト生命):19点
1位 5回
2位 1回
3位 2回
35才男性 月額15万円 保険期間60歳 4,380円

保証期間を55歳、60歳、65歳、70歳から選択できます。保障額については月が5万円~15万円の中より選択できます。
死亡時には年金受け取りが原則となっていますが、年金受け取りの代わりに一括受け取りを選択することができます。その際の受け取り金額は年金受け取りをする場合に想定される合計金額より減額されます。
60歳で死亡した時でも、最低2年間は設定月額金額が受け取れます。最低期間は2年または5年より選択できます。
また医師や看護師への健康相談と日本の名医へのセカンドオピニオンをもらえるサービス(T-PEC:通常は月額費用だけでも10,800円掛かります)が無料で付帯されています。
4位 &LIFE総合収入保障保険(三井住友海上あいおい生命):11点
1位 0回
2位 4回
3位 3回
35才男性 月額15万円 保険期間60歳 7,227円(無事故給付金なしタイプ)

保証期間を60歳満了か65歳満了から選択できます。保障額については10万円~30万円より選択できます。
60歳で死亡した時でも、最低5年間は設定月額金額が受け取れます。
死亡されたときや約款所定の要介護状態・高度障害状態・特定障害状態になられたとき、収入保障年金・介護保障年金・障害保障年金のいずれかから受け取ることができます。
約款所定の特定疾病(悪性新生物・急性心筋梗塞・脳卒中)、不慮の事故により約款所定の身体障害状態になられたとき、保障はそのままで以後の保険料のお払込みは不要になります。
5位 マイディアレスト(メットライフ生命):6点
1位 1回
2位 1回
3位 1回
35才男性 月額15万円 保険期間60歳 4,200円(非喫煙保険料率)

喫煙者か否かで保険料が大きく変わる保険です。
申し込む人の年齢やプランにより、告知書のみで申し込める場合や、加えて2年以内に健康診断・ガン検診・人間ドックを受けられていることやニコチン検査の実施が条件になることがあります。
万が一、保険期間満了の直前に死亡された場合、または所定の高度障害状態になられた場合でも、最低5年間(確定保証期間)は月払給付金を受け取ることができます。
不慮の事故により所定の身体障害の状態になった場合は、以後の保険料は不要です。
三大疾病保障を付加する(別途保険料必要で上記4,200円は6,540円になる)ことで「悪性新生物・心疾患・脳血管疾患」により所定の状態となられた場合、または所定の手術を受けた場合は三大疾病月払給付金(設定月額と同額)を2年間受け取ることができます。
5位 収入保障保険(AIG富士生命):6点
1位 1回
2位 1回
3位 1回
35才男性 月額15万円 保険期間60歳 3,660円(非喫煙者優良体)

標準体の場合の保険料は5,460円なので、非喫煙者優良体の方の保険料がずいぶん割安であることがわかります。
ただし喫煙検査があります。
60歳で死亡した時でも、最低2年間は設定月額給付金が受け取れます。最低期間は2年・5年・10年より選択できます。
給付金のお受取りの方法として、「毎月受取」「一時受取」「一部すえ置」「全部すえ置」から選択できます。
レスキューP特約を付加することにより、免除事由に該当した時それ以降の保険料支払いが免除されます。その際の保険料は3,660円(非喫煙者優良体)が3,840円(非喫煙者優良体)となります。
5位 収入保障保険プレミアム(チューリッヒ生命):6点
1位 1回
2位 0回
3位 3回
35才男性 月額15万円 保険期間60歳 3,510円(非喫煙優良体型)

非喫煙優良体型というのは、1年以内に喫煙をしたことがないことと、血圧が会社基準値内にあることが条件です。
1年以内に喫煙経験があるものの、血圧が会社基準値内にある方(標準体型)の場合は、3,510円が3,870円となります。
年金月額5万円から1万円単位で最高1億円までお申込みいただけます。ただしこの時の1億円というのは、年金受取総額(年金月額×12ヵ月×保険期間(年))のことを意味します。
年金のお受取りの方法として、「毎月受取」「一時受取」のいずれかを選択できます。
60歳で死亡した時でも、最低2年間は設定月額給付金が受け取れます。最低期間は1年・2年・5年・10年より選択できます。
その際の受け取り金額は年金受け取りをする場合に想定される合計金額より減額されます。
8位 メディフィット収入保障(メディケア生命):4点
1位 1回
2位 0回
3位 1回
35才男性 月額15万円 保険期間60歳 3,582円(非喫煙者優良体)

1年以内の喫煙の有無、BMIの値、更には血圧の数値により、3つの保険料率(非喫煙者優良体料率・非喫煙者標準体料率・標準体料率)が適用され、保険料に差が出ます。
非喫煙者優良体料率で3,582円の保険料は、標準体料率だ5,430円になりますので、非喫煙者で健康に自信のある方にはお得な保険です。
支払最低保証を2年または5年から選択できます。
年金受け取りを一時金受け取りにしたり、年金と一時金を組み合わせて受け取ることもできます。
3大疾病保険料払込免除特約を付加することで、がん、急性心筋梗塞(こうそく)、脳卒中で所定の事由に該当したときに、それ以降の保険料の支払いをストップさせることもできます。
8位 家計保障定期保険(東京海上日動あんしん生命):4点
1位 0回
2位 0回
3位 4回
35才男性 月額15万円 保険期間60歳 払込期間55歳 5,400円

保険料払込期間は保険期間より5年短くなります。
給付金の受け取りは年金受け取りの他、全額一時金受け取りや一部一時金受け取りができます。
オプションで悪性新生物(がん)、急性心筋梗塞、脳卒中で所定の疾病状態になった場合、将来の保険料のお払込みが不要となる特約をセットできます。
メディカルアシスト(緊急医療相談や医療機関案内など各種医療サービス)が無料で付帯されます。
給付金最低保証期間が1年付きます。
10位 働く人への保険(ライフネット生命):2点
1位 0回
2位 1回
3位 0回
35才男性 月額15万円 保険期間65歳 3,205円

この保険は就業不能保険で、所定の病気やケガなどが原因で長期間働けなくなった場合に給付金がもらえるというもので、通常の収入保障保険とは特徴が異なります。
保険期間も最初から65歳までと既定されています。
就業不能状態となってから最初の180日間は支払いの対象外で、181日目より給付開始となります。
所定の就業不能状態から回復した場合は、給付がストップされます。
月額金額は10万円~50万円の中より選択できますが、年収により上限額が決められます。
支払限度額は1億円ですので、それ以上になる場合はそこで給付は打ち切られます。
就業不能給付金を受け取っている間も保険料の支払いが必要です。
11位 家計にやさしい収入保障(T&Dフィナンシャル生命):1点
1位 0回
2位 0回
3位 1回
35才男性 月額15万円 保険期間60歳 3,495円(非喫煙者健康体料率)

保険期間を50歳満了から70歳満了まで1歳刻みで指定できます。
1年以内の喫煙の有無、BMIの数値、血圧の数値により、非喫煙者健康体料率、健康体保険料率、標準体保険料率が適用され、保険料が異なります。
因みに非喫煙者健康体料率で3,495円の保険料は標準体保険料率では4,950円になりますので、保険料も大きく変わります。非喫煙者で健康体の人には有利な保険です。
なお喫煙の有無については、唾液検査(唾液コチニン測定法)が実施されて判定されます。
給付金受け取りは年金受け取りと一括受け取りから選択できます。
年金支払保証期間は1年とされています。
11位 こだわり収入保障 (マニュライフ生命):1点
1位 0回
2位 0回
3位 1回
35才男性 月額15万円 保険期間60歳 3,510円(優良体料率)

健康状態により保険料が3段階に分かれます。3段階は1年以内の喫煙の有無と血圧状態により区分されます。優良体料率で3,510円の保険料は、標準保険料率では5,565円になりますので大きく異なります。
年金支払保証期間は2年または5年より選択できます。
給付金の受け取りは年金受け取りの他、全額一時金受け取りや一部一時金受け取りができます。不慮の事故による傷害を直接の原因として、その事故の日からその日を含めて180日以内に身体障害の状態になった時は、それ以降の保険料の支払いが免除されます。

以上、収入保障保険ポイントランキングです。

通常の収入保障保険ランキングよりも信憑性のあるランキングだと言えますので、有効にご活用いただきたいと思います。

なお、気になる収入保障保険が見つかりましたら、必ずその商品を扱っている保険会社から資料などを送って
もらうか、実際にプランを作成してもらうなどして、ご自身で中身の確認をしてください。

どれが良いのかわからないという場合は、毎日数百件~数千件レベルで行なわれているFP無料保険相談
全国に2,000店舗あると言われる保険ショップ無料保険相談を利用して、アドバイスを受けるといいと思います。

ただ、FP無料保険相談や保険ショップ無料相談をする際には、注意すべきポイントがありますので、
その点については以下にて必ずご確認ください。

「FP保険無料相談|重要事項とFP紹介会社ランキング」はこちら
「保険ショップの保険無料相談|注意事項と検索・予約」はこちら

生命保険トピックス

FPのチカラ




PAGE TOP ↑