sub_title9_2

生命保険無料相談に乗ってくれるFPや保険ショップは信頼できるのか?

fig-154

生命保険無料相談を受け付けているFP(ファイナンシャルプランナー)と保険ショップ。ごく一般的になってきたとは言え、「信頼できるのかな?」「ちょっとハードルが高いかな?」とあなたも二の足を踏んでいるのではないでしょうか? ここではそんなあなたに参考にしていただくべく、次の順でFPと保険ショップにおける生命保険無料相談のメリット・デメリットをご説明します。

FPによる生命保険無料相談の仕組みとは?

FPによる生命保険無料相談は相談希望者が直接FPに相談申込をするわけではありません。
FPを全国から募集し管理する会社(以降:FP紹介会社)があって、そのFP紹介会社が運営するサイト経由で無料相談の申し込みをすると、そのFP紹介会社が相談希望者にふさわしいFPを派遣してくれるという仕組みになっています。
FP紹介会社は日本国内にいくつもありますから、その中より実績豊富で信頼できるFP紹介会社にネットを介して申し込むということが大切になってきます。

FPによる生命保険無料相談はここまで広まっている

あなたはFPによる生命保険無料相談がどれほど世の中に浸透しているのかはご存知でしょうか?
業歴10年で、日本で最初に生命保険無料相談を開始したと言われるFP紹介会社を例にとると・・・
・10年間の相談実績が30万件(2016年3月自社調べ)
・2015年だけの相談申込実績が20万件
となっています。
2015年だけで言うと、1日当たり548件もの相談申込があったということになります。

1社だけでもこれくらいの申し込みがあるわけですから、FP紹介会社全体でみると「毎日数千件レベルでの申し込みがある」と言えます。
それだけ生命保険無料相談が世の中に広まっているということだと思います。

生命保険無料相談に乗ってくれるFPというのはこういう人達

fig-159

FP(ファイナンシャルプランナー)というのは、個人の人生の夢や目標をかなえるために、総合的な資金計画を立てたり、それを実現するための各種サポートをする専門家ですが、それぞれ家計にかかわる金融、税制、不動産、住宅ローン、生命保険、教育資金、年金制度など得意分野があります。
生命保険無料相談に乗ってくれるのは、もちろん生命保険を得意分野とするFPです。
これらのFPは多くの生命保険会社と提携(代理店契約)していますので、それらの会社の全商品の内容を熟知していますし、もちろんその商品を販売することもできます。

またこれらのFPの中には、元々どこかの生命保険会社の営業マンとして、現場で活躍していた人も多くいます。

彼らは、実際に入院給付金や死亡保険金の受け取り手続きのサポートをしてきていますので、何が大事で何が必要なのかもわかっています。
例えば入院給付金などは、診断書の書き方ひとつで貰えるものも貰えなくなるなんてことはザラにあります。
従って、「診断書をどのように書いてもらうと有利なのか?」などのアドバイスをするとか、場合によっては、診断書を書いたドクターにまで掛け合って、「内容の修正をお願いする」ということさえあります。
もちろん生命保険会社の営業マンとして働いたことがあるFPは、特にお客様対応に定評があります。あなたの持つ“保険のおばちゃん”的なイメージとは全く違った対応をするはずです。

new_title_bar16

まずはFPとしての幅広い金融知識を背景にした的確なアドバイスが受けられるというのがメリットだと言えます。 すなわち・・・

seimeihoken-muryousoudan-fig3

について根拠を示して説明してくれるので、疑問点が解消され納得できるということです。

漠然と
・「死亡保険金は3,000万円くらい必要よ。」
・「みんな10,000円くらいの医療保険に入っているわよ。」
・「新しい保険ができたので、書き換えた方がお得よ。」
などということは一切ありません。

そんな無責任なことを言えるはずもないのです。だからこそFPになっているのです。
根拠を示して説明をしてくれることで、相談者も納得して次のステップへ進めるわけです。

しかし一番のメリットは生命保険契約時における優位性(お得感!)だと言って良いでしょう。

先にも説明しましたが、FPは複数(人によっては20社前後)の生命保険会社と提携(代理店契約)をしています。
従ってどんな保険商品であろうとも、生命保険会社の枠を越えて一番安い保険料のものを提示することができるわけです。
例えば「終身保険ならA社、医療保険ならB社、がん保険ならC社、学資保険ならD社」という具合です。
すなわちあなたにとっても「どの生命保険会社の商品が一番お得なのかが一発でわかる!」わけです。このことが「FPなら公平・中立な立場で相談者にアドバイスができる」ということのベースになっていると言えます。

あなたもFPの話に納得したとしたら、是非生命保険の提案をしてもらうことをおすすめします。
現状を踏まえた納得のプランが提示されると思います。

なおFPに生命保険無料相談をお願いし、生命保険の提案をしてもらったからと言って、それに加入する必要はありませんし、その後「しつこい営業」「強引な営業」「失礼な営業」などもありません。提案された生命保険が気に入らなければ、断ればいいだけです。

なぜそのように断言できるのかと申しますと、それらの行為をしないように「FP紹介会社」より強く指導されているからです。
もしそのようなことをしたら、FP紹介会社におけるFP登録が抹消されて、その後二度と紹介を受けることができなくなるのです。

seimeihoken-muryousoudan-fig2_2

基本的にFPの生命保険無料相談は、あなたが指定した場所に出向いてくれます。
そういう意味では交通費も移動時間も節約できるので非常に有益です。
これもメリットと言えばメリットです。
あなたのご自宅でも近所のコーヒーショップなどでも構いませんが、できるだけ静かに相談できる場所に来てもらうようにすべきでしょう。

new_title_bar17

上記をご覧いただきますとメリットばかりのように感じるかもしれませんが、デメリットもないわけではありません。
一番はどんなFPがやって来るのかが全く分からないという点です。
あなたが生命保険無料相談を申し込むと、FP紹介会社が申込内容を確認した上で、あなたにふさわしいと思われるFPを登録FPの中からピックアップし、その人を派遣してくれるという流れになります。
当然あなたとしては実績も経験年数も取り扱える保険会社の数も多いFPに相談に乗ってほしいというのが本音だと思いますが、その辺はFP紹介会社任せになるわけです。
そういう意味では、口は悪いですが「当たり外れがある」と言えなくもありません。
その点がデメリットだと言えます。

このデメリットを極力回避する方法としては、当然ですが優秀なFPが多く登録しているFP紹介会社に生命保険無料相談を申し込むことです。
FP紹介会社の各ホームページを見てみると様々な情報が掲載されていますが、その中の登録FP平均実績・経験年数・取扱保険会社の数、更には相談満足度などに着目すれば、どのFP紹介会社に申し込むべきかがわかります。(このページの下の方で優良FP紹介会社をご案内します)

また1つのFP紹介会社だけに申し込むのではなく、2社あるいは3社に申し込むというのもデメリットを回避するという意味では大切です。
それとFPそれぞれ考え方や実績などが異なりますから、様々な話しが聞けて非常に参考になるはずです。
あなたは「2~3人に相談をするのは悪い」と思われるかもしれませんが、同時に2~3人と話しをするわけではないですし、毎月の支払いに関わってくることですから、断然話を聞いた方が得策です。

特に生命保険のプランを提示してもらう場合は、必ず2人以上から提示してもらうべきだと思います。

以上がデメリットを回避して、生命保険無料相談を有益なものにする方法ですが、更にこのデメリットを回避する取って置きの方法があります。
通常はあなたがFP紹介会社に無料相談を申し込めば、FP紹介会社が適当なFPを派遣してくれるわけですが、この派遣されるFPをあなた自身で指定することができるFP紹介会社があります。
具体的には、そのFP紹介会社が展開する「FPのチカラ」というホームページに行くと、地域別に登録されているFPの顔写真を含めたプロフィール(名前・年齢・経歴・資格・実績など)が掲載されており、そこから直接無料相談を申し込めるようになっています。
ここならば、上記のデメリットがほぼ確実に回避できると言っても良いでしょう。
なおこのFP紹介会社は、先の日経 BP コンサルティングが実施した「保険相談サービスを利用したことがある方を対象に行ったサービス利用時のFPの印象調査」にて、「FPが信頼できる」「FPの対応が丁寧」「FPの知識が豊富だった」等、16項目中11 項目において、訪問型FP紹介会社の中で第1位を獲得しており、FP紹介会社として非常に信頼できる会社の1つです。
興味があれば以下のバナーをクリックしてご覧ください。

FPのチカラ

このFP紹介会社の他に、プロフィールを確認してからリクエストベース(「その他、ご意見ご要望欄」に希望FP名を入力)で生命保険無料相談を申し込める会社は以下の通りです。

FPによる究極の見直し 生命保険どっとコム
無料相談
トップページ右上の「全国のFP紹介」タブをクリックし、更にお住まいの都道府県をクリックすることで、登録のファイナンシャルプランナーの
・名前
・顔写真
・保有資格
・担当都道府県
・プロフィール
等を確認することができます。
トップページの中程の「全国のファイナンシャルプランナー紹介」にてお住まいの都道府県をクリックすることで、登録のファイナンシャルプランナーの
・名前
・顔写真
・年齢
・保有資格
・プロフィール
・担当都道府県
等を確認することができます。

 

FPの紹介を完全にお任せしても安心な優良FP紹介会社は以下の3社です。
登録FPの実績・経験年数・取扱保険会社数・満足度及びFP紹介会社自身の対応が申し分ありません。

gold 保険のビュッフェ
登録FPの実績が半端じゃない。
実務経験平均8.3年、相談実績1人平均1,253件、FPへのクレームゼロ
登録FPは1,000人以上で、ここのウリは何と言っても登録しているFPの実績が凄い。
FP1人当たりの平均経験年数:8.3年、相談実績:1,253件ということで、群を抜いています。
平均20社の保険商品の取り扱いができます。
毎月7,000世帯のお客様が利用しているということで信頼性も文句ありません。
お客様満足度93%
FPへのクレームがゼロということもウリではありますが、もし担当のFPが合わないということであれば、変更も可能(0120-800-857)です。

silver 保険マンモス
日経 BP コンサルティングが実施した「FPの印象調査」16項目中11項目で第1位
保険マンモス FP紹介会社として最も信頼できる会社の1つです。
全国の1000人以上のFPが登録。
先の日経 BP コンサルティングが実施した「保険相談サービスを利用したことがある方を対象に行った、サービス利用時のFPの印象調査」にて、「FPが信頼できる」「FPの対応が丁寧」「FPの知識が豊富だった」等、16項目中11 項目において、訪問型FP紹介会社の中で第1位を獲得。
実務経験平均5年のFPが平均22社の保険を取り扱い中です。
利用者満足度95%。FPに満足できない場合、イエローカード制(0120-030-730)がありFPの変更も可能。

bronze みんなの生命保険アドバイザー
「保険無料相談」サービスを全国最初に発信!
業歴10年、30万件の相談実績を持つ老舗中の老舗!
生命保険 相談 登録FP(全国1700人以上)平均20社の保険商品の取り扱いができるために、広範囲に亘った知識を持ち合わせており、有益なアドバイスが可能です。
先の日経 BP コンサルティングが実施した「保険相談サービスを利用したことがある方を対象に行った、サービス利用時のFPの印象調査」にて、保険マンモスに迫る結果を出しています。
担当のFPが合わないときには「ストップコール制度」(0120-958-926)により、FPの変更も可能。
業歴10年、2015年度の実績では保険相談申込数20万件・無料保険相談満足度97%

new_title_bar18

FP紹介会社への申し込み~生命保険無料相談までの流れをまとめますと次の通りです。

fp_flow

new_title_bar19

生命保険無料相談に乗ってくれる保険ショップは、今ではテレビCMなどでも毎日のように紹介されたり、雑誌などでも数多く掲載されたりしていますので、あなたもご存じだと思います。
現在日本には2,000店舗くらいの保険ショップがあると言われ、今なお新規出店の勢いが収まらないという状況で、生命保険の加入形態を大きく変えたと言える存在です。

元々生命保険販売というのは、生命保険営業マンが1軒1軒見込み客を回ってセールスを掛けて成り立つというものでしたが、保険ショップはまったく真逆の営業スタイルで、見込み客の方が保険ショップに足を運んで相談したり契約したりするというものです。
そして、これまでの生命保険営業マンとの最も大きな違いは、概ね20~30社の生命保険会社の代理店として、多くの保険種類を扱うことができるという点です。
これはFPと同じで、「お客様にとって一番有益な商品を提供する!」という使命を実現できる最低条件となっているわけです。
そしてこのことが世の中に浸透していくにつれ、
「保険ショップに行って生命保険の無料相談をした方がお得だ!!」
というふうにお客様も理解するようになって、保険ショップの店舗数が増加していったというわけです。

new_title_bar20

保険ショップでの生命保険無料相談のメリットと言えば、やはりあなたが現在疑問に思っていることが、相談を していくうちにクリアーになっていくことだと言えます。
・死亡保険金はいくら必要なのか?
・入院給付金の日額はいくらにしたら良いのか?
・がん保険はどこの保険会社のものが良いのか?
・年金保険に入りたいと思っているけどお得なのはどれか?
・もっと保険料(掛け金)が安くならないか?
などをいろんなデータを元にアドバイスしてくれます。
また保険ショップはいろんな保険商品を取り扱うことができるので、それを踏まえた上で的確なアドバイスが貰えるということも大きなメリットでしょう。
昔ならそれぞれの生命保険会社に足を運んで相談をしに行かなければならなかったのに、保険ショップ1ケ所に行けば事足りてしまうということです。

保険ショップの中には30社以上の生命保険会社の代理店になっているところもあり、それぞれの会社のデータをパソコンに入れていますので、あなたが希望する保険商品の保険料を30社分目の前に提示することだってできます。つまり、あなたは居ながらにして
「30社の中で、どこが一番安い保険料(掛け金)の生命保険会社か?」
ということを知ることができるのです。

そして保険ショップは営業時間内ならいつでもオープンしていますから、フラリと立ち寄ることもできますし、何度でも無料相談に乗ってくれますので、あなたが納得するまで時間を掛けることができます。
もちろん今すぐ契約をする前提ではない人の生命保険無料相談にも親身になって対応してくれます。

ただし、最近はテレビCMや認知度が高まってきたせいで、しっかりした相談時間を確保したい場合は、予約をしてから訪ねた方が賢明です。

new_title_bar21

保険ショップならどこに行っても満足できる相談を受けられるのかというとそうでもありません。
保険ショップの急激な店舗展開の結果、必ずしも経験豊富な人があなたの担当者になるとは限らないのです。
実際保険ショップの求人においては「未経験者も可」として募集しているところも少なくなく、こういうところは育てながら経験を積ませるといったスタンスなのです。
これはもう相談者にとってはデメリット以外の何物でもありません。
こういう人が担当者になると、あなたが知りたいことについてアドバイスを貰おうとしても、満足な回答を得ることができないということも十分考えられます。
私自身も一度保険ショップに行ったことがありますが、質問したことに対し何度か待たされて、その間に上司に聞きに行っているという始末でした。
これではストレスが溜まって有益な相談にはなりません。
できれば「ベテランの人に相談に乗ってもらいたい!」と伝えるべきだと思います。

またFP同様保険ショップによって取り扱いのできる生命保険会社の数が異なりますので、その辺は頭に入れておいて方が良いでしょう。
もちろん理想はできるだけ多くの生命保険会社の商品を取り扱っている保険ショップに足を運ぶことです。

上記のデメリットを解消する方法としては、やはり面倒くさがらずに保険ショップを2~3店訪問することだと思います。
ほとんどの人が1つの保険ショップだけにしか足を運びません。
よほど優秀な担当者に当たればいいですが、その担当者が優秀かどうかはわかりません。
また担当者によって考え方やアドバイスの質が違っているのも事実です。
ですから少なくとも2つ以上の保険ショップに行って無料相談を受けるようにした方が賢明です。
また仮に保険ショップでプランを提示してもらってそれを断ったとしても、その後しつこい営業やしつこい電話がされることは全くありません。
その点は徹底されています。
ですから何の遠慮もせずに複数店にて相談に乗ってもらうべきです。

あなた自身が保険ショップに出向かなければならないということはありますが、デパートやショッピングセンターなど至る所に店舗展開していますので、何かのついでに立ち寄ることができてとても便利だと思います。

あなたがお住まいの地域あるいは勤務先の近所にある保険ショップ探しは以下のサイトが便利です。(バナーをクリック)

LIFULL保険相談 最も多くの保険ショップ(現在1,300店舗)が登録されています。
保険の相談ch 店舗名(保険見直し本舗や保険クリニックなど)や担当者に求める保有資格(MDRT やAFPなど)などを指定した上で店舗探しができます。登録保険ショップ500店。

new_title_bar22

生命保険無料相談では誰に相談するのかが最も大切だと言えます。
FPに相談するにしても保険ショップに相談するにしても、それなりの満足感は得られるかと思いますが、できれば相談実績が豊富な人にお願いしたいものです。
このことを念頭に置いて相談依頼をするということが大切です。
従って「相談実績豊富な人に相談に乗ってもらいたい!」とはっきりと伝えることも必要だと思います。
日本人はどうも遠慮がちなところがありますが、生命保険は一生涯支払いが伴うものですから、「遠慮などしている場合ではない」と心得ておいた方が良いと思います。
また前述したように相談相手の実績や保有資格を確認の上で相談申込のできるサイトがいくつかありますので、そういうサイト経由で申し込むというのも失敗しないためには有益だと思います。

1人のFPだけとか1つの保険ショップだけで相談をするというのもある意味危険です。
できれば二人以上もしくは2店舗以上で相談をするということも意識すべきでしょう。
先にもご説明しましたが、担当者によって考え方が違いますので、当然アドバイスの仕方も違います。
複数の人のアドバイスを聞いて、自分にふさわしいと思われるアドバイスを取り入れるべきです。
また生命保険のプランニングとなれば、当然プランニングに差が出てくるわけで、1種類だけのプランニングで結論を出すというのは本当に避けるべきです。

生命保険トピックス

FPのチカラ




PAGE TOP ↑