生命保険比較|生命保険を比較するときに不可欠な要件

インターネットが普及した現代では、生命保険を選ぶときに「各生命保険会社の商品を比較してから」という
ことがずいぶん簡単になりました。

パソコンの検索窓に「生命保険 比較」と入力して「Enter」キーをクリックすれば、それに関連したサイトがズラリと出てきますし、それらのサイトの中には、年齢・性別・保険の種類(終身保険や医療保険など)を選択して“計算ボタン”をクリックすれば、各生命保険会社の該当商品の保険料を一覧で比較提示してくれるサイトがあります。

その“生命保険比較一覧”を見ることで、簡単に生命保険(保険料)の比較ができるというわけです。

ただし年齢・性別・保険の種類までは選択できますが、様々ある特約などを自由に選択できて、その結果を反映した生命保険比較サイトというのはなかなか見つけることはできません。

また一方で、生命保険の比較をしている人に「どんな特約が必要なのか明確になっていますか?」と尋ねると、ほとんどの人が

「まだ明確にはなっていない。」とか、「逆にどんな特約が必要ですか?」と言われます。

つまり自分に必要な保障(特約)が明確になっていないままに生命保険の比較をしている人が多いのだろうと
推察できます。

もしあなたもそのような状況であるならば、ご自身に必要な保障というものを明確にすることが先決で、それを踏まえた上で生命保険の比較をすることが大切になります。

代表的な保険(保障)というと

などがありますが、先ずはあなたにとってどの保険が必要であり、その保険についてはどのような特約を付加
すべきなのかを明確にしなければならないということです。

医療保険やがん保険については、

などが、その保障内容を決めるのに役立つ情報になりますから、これらのことを細かく調べれば、ご自身に
とって必要な保障や特約というものを絞り込むことができると思います。

もし「あまり面倒くさいことはしたくない!」とおっしゃるのであれば、当サイトの

一番お得な医療保険が確認できる医療保険比較一覧表をどうぞ!

がん保険比較|評価の高いがん保険ならコチラで一括比較

をご覧いただければと思いますが、自分なりにしっかり考えたいという方は

医療保険の選び方、この手順なら失敗しない!

がん保険を選ぶ際に、絶対におさえておくべき重要ポイント

も併せてご覧いただくことをおすすめします。

こうして必要な保障や特約というものを絞り込むことができましたら、各社の公式サイトを訪問し、オンラインで試算をして、その結果を比較してみれば良いということになります。

前述しましたが、生命保険比較サイトで諸々の特約までを踏まえて比較することはできませんので、1社1社の公式サイトを訪問するということが必要になってくるわけです。

更に公式サイトでは、そこまでの試算ができない会社もありますので、その場合はその会社とコンタクトを取り設計書を送ってもらう必要が出てきます。
その設計書を利用して目的の生命保険を比較することになります。

自分に必要な医療保険やがん保険を比較するには、そこまでやらないと失敗してしまうということです。

title_bar75

一方死亡保険や収入保険の比較をする場合は、どのような手順を踏めば良いのでしょうか?

死亡保険や収入保険(別の呼び名もあります)というのは、あなたが死亡した時に家族にお金を残して
あげるための保険になります。

死亡保険は、万が一あった時に一時金として大きなお金が支払われるもので、収入保険というのは、一時金の
代わりに、毎月毎月お給料のように残された家族にお金が支払われるものです。

いずれも残された大切な家族の生活を守るための保険ですから、最も重要な保険だと言うことができます。
そして、いずれの保険もネット上で比較しているサイトを見つけることができます。

単純に比較だけしたいと言う方は、そのようなサイトをご利用いただければと思いますが、
私の方は重要なことを1つお伝えしたいと思います。

それは、あなたに万が一あった時に、いくらの保険金が必要なのかについて、

「きちんと試算することが、必要な保障を最も安く手にすることに繋がる!」

ということです。

すなわち、「残された大切な家族の生活を守るための保険」として、いくらの保険金が必要なのかを明確にすることが、無駄な保険料の支払いを阻止することに繋がるということなのです。

seimeihoken-hikaku-fig4

一般的に年齢が上がれば上がるほど、必要な死亡保険金の額というのは下がっていきます。
すなわち現在よりも10年後、10年後より20年後の方が、少ない保険金で大丈夫だというわけです。

例えば生活費と教育費だけを見てみると、下図の通り年齢と共に必要保障額(必要な死亡保険金額)は減少していきます。

なぜなら、年齢と共に子供さんは各学校を卒業していくわけで、その分必要保障額は減少していきますし、
生活費についても、家族がこの先50年生活するとして、今亡くなれば残された家族の50年分の生活資金を補填するようにしなければいけませんが、10年たったとしたら40年分の生活資金を補填するようにすればいいということになります。

その辺を加味すると、「残された大切な家族の生活を守るための保険」は、四角ではなく三角になることがほとんどなのです。

しかも一般的に、四角よりも三角の生命保険の方がかなり安くなります。

すなわち、いくらの保険金(必要保障額)が必要なのかについて、

「きちんと試算することが、必要な保障を最も安く手にすることに繋がる!」

と言えるわけです。

この現状を鑑みれば、必要保障額がわからない状態なのに、死亡保険や収入保険を比較してもあまり意味がないことがお分かりいただけると思います。

将来的な必要保障額を試算するためには、保険の専門家に依頼することが必要になります。

この試算と言うのは、以下のような項目を全て数値化し、それをグラフなどに現わして必要保障額を算出するというもので、それ専用のソフトが必要となります。

FFとかファクトファインディング、あるいは実情調査などと呼ばれることが多いです。

seimeihoken-best-plan-fig1

先に説明しましたが、医療保険やがん保険の保障内容とか付加すべき特約について、ご自身で調べて必要なものを決めた上で、各生命保険会社から設計書を取り寄せて比較するのもいいですが、FP(ファイナンシャルプランナー)や保険ショップの無料相談を利用するという手もあります。

この無料相談を利用すれば・・・
医療保険やがん保険などに対して、あなたが疑問に思っていることに即答してくれますし、例えば基本となる
入院日額の決め方なども、根拠を示しながらアドバイスしてくれます

しかも彼らは複数の生命保険会社の商品を取り扱うことができますので、あなたがいちいち各社の公式サイトを訪問し、オンラインで試算をしてもらうとか、各社とコンタクトを取り設計書を送ってもらうなどしてから、
その生命保険の比較をするという面倒なことも一切不要です。

それこそワンストップで完結できます。

また将来的にいくらの保障(死亡保険金)が必要になるのかという試算なども無料相談の中で行なってくれます。
もちろんその必要保障額を補填する生命保険も、複数の生命保険会社の中より、一番安いものを提示してくれますから、生命保険の比較をするまでもなく、納得の生命保険を目の前で確認できるというわけです。

あなたご自身ですべて完結したいという場合はともかく、それほど手間を掛けずに自分に必要な生命保険を比較したり確認したいのなら、FP(ファイナンシャルプランナー)や保険ショップの無料相談を利用すべきだと思います。

あなたにとっては「FPの生命保険無料相談」という言葉はほとんど馴染みがないものだと思いますが、

日本全国のいたるところで、毎日数百件~数千件の生命保険無料相談が実施されています。

それくらい現在では日本に浸透している生命保険サービスだということをご理解いただき、生命保険の比較や
見直しの際にも、安心して完全無料で利用できるということをお分かりいただければと思います。

FP(ファイナンシャルプランナー)への生命保険無料相談は、インターネットを通じてFP紹介会社に申し込むことになります。

申し込みを受けたFP紹介会社は、その会社に登録しているFPの中から、あなたの住所やプロフィールなどを
確認の上、ふさわしいFPを紹介・派遣するという流れになります。

またFP紹介会社というのは何社もあるのですが、中には登録しているFPのプロフィールは勿論のこと、顔写真やこれまでの相談実績などを提示して、相談希望者の方から逆指名できるようなシステムを設けている会社もあります。

「どんなFPが紹介されるかわからないのは不安だ!」という方にはピッタリだと思います。

私も一番に推奨している会社で、実際に無料相談を実施した方からの評価も抜群です。

FP紹介会社には日本全国にいるFPが登録していますから、あなたがどこにお住まいでも対応できます。

基本的にFPはあなたが指定した場所に訪問してくれますが、ほとんどの場合出張に伴う交通費も不要です。
ご自宅でも職場でも、更にはご自宅近くのコーヒーショップなどでも相談できますが、生命保険比較を含めて
大切なことを相談するわけですから、できれば落ち着いて相談できる場所を指定してください

FP紹介会社への申し込み~生命保険無料相談までの流れは次の通りです。
生命保険,比較,FP,保険ショップ

FP紹介会社と言いましても、いろんな会社があります。

やはり「無料相談を実施した方からの評価も抜群」と言われる会社に申し込んだ方がいいですよね。

私が自信を持って推奨できるFP紹介会社 Best3理由と共にこちらで紹介しています。

日本全国で非常に多くの方が利用していますので、生命保険比較の際にも安心してご利用いただけます。

なお、あなた自身でFP(ファイナンシャルプランナー)を探して、その方にお願いするというのは止めるべき
です。

その理由は「FP紹介会社を通じてFPを紹介してもらうことが大切な理由」にてご説明していますので、
参考にしてください。

保険ショップは、今では全国に2,000店舗くらいありますので、あなたも目にしたり耳にしたりということが
あると思います。

保険ショップへの無料相談の場合には、あなた自身がそのショップに足を運ぶ必要があります。

保険ショップの申し込みは簡単で、こちらのサイトで検索・予約ができます。

上記サイトには業界大手と言われる保険ショップが網羅されていますので、あなたのお住まいの近くにある
保険ショップに予約すればいいでしょう。

保険ショップでの無料相談の流れ自体は、FPも無料相談とほぼ同じだと考えていいでしょう。

 

また保険ショップへは、「あなた自身が足を運ぶという気軽さがある」ということと、1つの保険ショップの
アドバイスだけよりも、2つの保険ショップのアドバイスを聞いてみた方が、「より公平な生命保険比較ができる」ので、できるなら2つのショップに予約を入れて相談に乗ってもらうことをおすすめします。

もちろんあなたが「面倒じゃない!」ということなら、FPの生命保険無料相談についても、2つのFP紹介会社に申し込んで2人のFPに相談に乗ってもらった方が、いろんなアドバイスを受けられるので良いというのは間違いありません。

見直しなり新規加入なりを考えているのでしたら、しっかりと生命保険を比較することが重要で、FPも保険ショップもそのスタンスで無料相談に乗ってくれますので、大いに利用したいものです。

またアドバイスなどに納得した場合には、プランの提案をしてもらえば良いと思います。
そのプランが気に入れば、そのFPや保険ショップが申し込みの代行やアフターフォローもしてくれますので、安心です。

逆にプランに納得がいかない場合は、遠慮なく断っても大丈夫です。
断ったからと言って、その後にしつこい営業などは一切ないシステムになっていますので、その点でも安心です。
生命保険の契約というのは、毎月数千円~数万円を払うという経済的な負担が伴うものなので、慎重に取り組まなければなりません。

生命保険トピックス

FPのチカラ




PAGE TOP ↑