保険ランキングを利用する前に認識しておかなければならないこと

ネットで「保険 ランキング」と検索すると、保険商品をランキング形式で掲載したサイトがズラリと並びます。

でも不思議なことに、「Aサイトで1位だった保険商品がBサイトではまったく表示されていない」ということが往々にしてあります。

どうしてこのようになるのかの理由は、いたって明快かつ単純です。

それは、サイト運営者の思惑が反映されているからです。

もうお分かりだと思いますが、一番売りたい保険商品をランキング1位に持ってきているというわけです。

ショップなどに行くとよく目にすると思いますが、「人気No.1商品」「今1番売れています!」というような
ポップがありますよね。

あれはそのように書くことによって、売り上げが上がることがわかっているからです。

「保険ランキング1位」として保険商品を掲載するのも、まさしく同じ効果を狙ってのものです。

また評価基準を統一(同じ年齢性別、同じ保障内容、同じ保険期間、同じ支払期間など)することなくランキング付けをしているサイトがあったり、終身保険と医療保険とがん保険を同じランキング内で順位付けしている
サイトなども見かけます。

こんな保険ランキングなど、ほとんど意味がありません。

もちろん全ランキングサイトがそのような内容ではありませんし、中には真面目に調査をした上でランキングを掲載しているサイトもたくさんあると思われますが、ネットにおける「保険 ランキング」というものは、そういうものだということを認識しておかなければならないということです。

先に説明した通り、普通の保険ランキングでは参考にならないことがありますので、「より信憑性のあるランキングを提供できないものか!?」と考えた結果、各ランキングサイトに掲載されている保険商品(保険種類ごと)に1位から順にポイントを付与し、その合計ポイントの順でランキングをリメイク(ポイントランキングを新たに作成)することで、より意味のある保険ランキングにすることができると判断しました。

すなわち一部のランキングだけを参考にするのではなく、より多くのランキングサイトの結果を参考にすることで、サイト運営者の思惑をできるだけ排除した形のランキングを作成することができると考えたわけです。

そこで次の作成手順で “ポイントランキング”を作成しました。

1. 保険(保険種類毎)ランキングを掲載している20サイト前後を調査
2. サイト毎に1位~3位にランクインしている商品をチェック
3. 1位の商品に3点2位の商品に2点3位の商品に1点を付与し、その合計ポイントをポイントランキングとして順位付け

またポイントランキングには、前提条件を同一(同じ年齢性別、同じ保障内容、同じ保険期間、同じ支払期間
など)にした場合の保険料も目安として掲載しました。

上記のような考え方で、以下のポイントランキングを作成しました。

1. 終身保険ポイントランキング
2. 定期保険ポイントランキング
3. 収入保障保険ポイントランキング
4. 医療保険ポイントランキング
5. がん保険ポイントランキング

是非上記ポイントランキングサイトにて、“保険ランキング”としてより信憑性の高いランキング
ご覧いただき、あなたの保険選びの参考にしていただければと思います。

生命保険トピックス

FPのチカラ




PAGE TOP ↑