保険無料相談|保険の悩みなら完全無料相談で一発解決!

保険の無料相談と聞いて、頭に浮かぶのは誰でしょうか?

ちょっと前までは、間違いなく顔見知りの“保険のおばちゃん”だったでしょう。

しかしここ数年はテレビCMの影響もあって、保険ショップに無料相談に行く人が驚くほど増えています。

その証拠に、現在日本国内では2,000店ほどの保険ショップが営業しており、更に毎日のように新規の保険ショップがオープンしています。

本来は“気軽に立ち寄れる保険ショップ”というコンセプトで店舗展開していたのですが、最近では予約して
おかないと十分な相談時間も確保できないほど人気があるようです。

本当に完全に市民権を得ていると言っても過言ではありません。

またFP(ファイナンシャルプランナー)による保険無料相談も大人気です。

「FPの保険無料相談」と言っても、あなたには耳慣れない言葉かもしれませんが、日本のどこかで
毎日、数百件~数千件のFPによる保険無料相談が実施されています。

FPによる保険無料相談はFP紹介会社に申し込むのですが、某FP紹介会社は設立8年にして、
「相談件数が30万件を突破した!」と発表しています。

これは1日に換算すると117件もの数字にのぼります。

FP紹介会社もたくさんありますので、上記の通り合計すると大変な数の相談件数になるわけです。
そんな意味で、「FPの保険無料相談」も市民権を得ていると言ってもいいでしょう。

保険ショップとFP(ファイナンシャルプランナー)の人気の理由は、何と言っても複数の保険会社の商品が
扱える
ので、それを前提にした
アドバイスをしてくれることです。

一方特定の保険会社に所属している保険営業マン(一社専属の営業マン)の場合は、自分の会社の商品を念頭に置いたアドバイスしかしてくれません。
たとえもっと有利な商品の存在を知っていたとしても、その話を口にすることはないということです。

これではユーザーが無利益を被ることになります。

別の言い方をすれば、保険ショップやFPの人気が高まってきたのは、「一社専属の営業マン」と「複数の保険会社の商品が扱える保険ショップやFP」の大きな違いというものが、一般の方々にも認識され始めた証だとも言えます。

当然保険の商品(医療保険など)を提案してもらう場合も、同じ商品なら、必ずと言っていいほど

「保険ショップやFPが提案するものが安くなる!」ということは言うまでもありません。

これまでの保険料が半分になったという事例は枚挙にいとまがありません。

また実務的なことを言えば、保険ショップやFPは保険無料相談を受ける件数が圧倒的に多く、その豊富な経験値を活かして、様々な状況に対して有益なアドバイスができるという点も人気の一因です。

特にFP(ファイナンシャルプランナー)資格というのは、必要な講義を受け、与えられた課題を
克服したうえで、難しい試験にパスして初めて与えられるものです。
また資格を維持するためには、FP協会が別に定める15単位の継続教育要件を2年ごとにクリアしなければ
なりません。つまり「一度取得したら永遠ものの資格」とは違うのです。

「免許は持っているけど、まったく運転はできない」というペーパードライバーは、FPの世界ではまったく通用しないわけです。

それだけに基本的な金融知識の豊富さだけが売りではなく、タイムリーな情報を身につけており、保険相談者に対しても最適なアドバイスができるというところが強みなのです。

更なる人気の要因は、保険無料相談をお願いしたからと言って、その後「しつこい営業」や「強引な営業」を
されることがないというところです。
これは保険ショップにもFPにも言えることで、本当にそっけないくらいです。

また保険ショップでもFPでも、プランの提案をしてもらうことができますが、そのプランに加入する必要も
ありません。

そのプランを「いろんな参考にする」ということでも良いのです。

また複数の保険ショップやFPに保険無料相談を通じて、プランを提案してもらうこともできますので、

「その中から一番お得なものを選択する!」ということでも全然構わないのです。

事実そのようにしている方も少なくありません。

保険ショップやFP(ファイナンシャルプランナー)の保険無料相談は“良いこと尽くめ”の印象を受けますが、やはり注意していただきたいことがいくつかございます。

cube 保険ショップの出店があまりにも急ピッチで進んでいるために、ショップスタッフの中にはFP資格まで持つ経験豊富な人と、それほど経験が豊富でない人もいます。
やはり保険無料相談と言えども、経験豊富なスタッフからアドバイスを受けることが肝要ですから、明らかに経験不足だというスタッフにあたった場合は、担当を変えてもらうか出直した方が賢明です。
cube 保険ショップはあなたがお住まいの地域に何店舗か存在することがあります。運営会社が異なれば
教育制度なども異なりますので、各保険ショップにてアドバイスも違ってくるかもしれません。
そのような理由から、できれば複数の保険ショップに足を運んで、あなた自身の耳を肥やすようにしたほうが良いと思います。(基本的に保険ショップへは、あなたが足を運ばなければなりません。)
cube 今では保険ショップも世の中に認められる存在になってきましたので、かなり混み合うことも想定されます。
しっかりした相談ができる時間を確保するため
にも、予め予約を入れておくようにしたいものです。
全国どちらにお住まいでもこちらのサイトで検索・予約が可能です。

cube 基本的にFP(ファイナンシャルプランナー)への無料相談は、FP紹介会社に申し込むことになりますので、信頼のおけるFP紹介会社に申し込むことが大前提です。従ってアンケート調査などで客観的に高く評価されているFP紹介会社を選択しなければなりません。
cube 同じFPの資格を持っているとしても、保険無料相談の経験値が豊富なFPの方がいろんな意味で有益なのは言うまでもありません。一人当たりの平均経験年数:7.4年、相談実績:1,127件という様なFPが登録しているFP紹介会社もありますので、そのような会社に申し込んだ方が賢明でしょう。
cube 通常FP紹介会社に保険無料相談を申し込むと、FP紹介会社は申し込み内容を確認した上で、あなたに
ふさわしいと思われるFPを紹介・派遣してくれますが、やはり「どんな人が来るか不安だ!」という
気持ちがあるのが普通です。
そんな人のために、予めFPの顔写真・プロフィール・相談実績を掲載して、相談者の方からFPを指名できるようにしているFP紹介会社も1社だけあります。その会社はアンケート調査などでも高く評価されていますので、そのような会社に申し込むことも非常に有益です。
cube FPと言えども極々稀に外れの人がいます。そんなときはFP紹介会社に遠慮せずに連絡しましょう。
FP紹介会社の中には、そのような時のために「イエローカード制」(呼び名はさまざま)と称して、
担当FPを交代させる制度を持っているところがあります。
公式ページに連絡先フリーダイヤルと共に明示しているFP紹介会社なら安心です。
cube 保険ショップと同様に、FPについても2つのFP紹介会社に保険無料相談を申し込んでも何の問題もありません。保険の支払いはずっと続くわけで失敗は許されませんから、遠慮せず申し込んで相談に乗ってもらいましょう。

以上が保険ショップとFP(ファイナンシャルプランナー)への保険無料相談の注意点です。

無料ではありますが、非常に有益な保険相談ができますので、是非ご利用ください。

なお、保険ショップへの申し込みやFP紹介会社への申し込みはこちらから行なえます

私が推奨するFP紹介会社BEST3も、推奨する理由と共にご覧いただけます。

生命保険トピックス

FPのチカラ




PAGE TOP ↑