保険比較|一番お得な保険を比較検討する前に!

保険の比較ということで、代表的な終身保険(死亡保険のこと)と医療保険を比較したものを例に挙げると、
次のように保険料が大きく異なります。

例えば終身保険で比較してみると、35歳男性が死亡保険金1,000万円のものに加入する場合、A社では月額22,320円  B社では月額27,770円となります。その差月額5,450円

また医療保険で比較してみると、35歳男性が入院保障10,000円/1日のものに加入する場合、C社では月額3,142円D社では月額4,086円となります。その差月額944円

当然保険料だけ見れば、A社のものとC社のものが良いということになります。

このような比較というのはネットでも可能ですし、当サイトでも以下のページで詳しく解説しています。

・医療保険の比較・・・こちらの「医療保険比較」で確認することができます。
・がん保険の比較・・・こちらの「がん保険比較」で確認することができます。
・学資保険を比較・・・こちらの「学資保険比較」で確認することができます。

ただし、死亡保険の比較については、比較の前に絶対におさえておかなければならないことがあります。

それは・・・

ということです。

死亡保険を比較しているサイトはよく目にします。

 

などと言うタイトルで、いくつかの保険を推奨していますが、ほとんどが

です。これっておかしくないでしょうか??

あなたが今日亡くなった時と10年後に亡くなった時に
必要な死亡保険金がまったく同じ

なんていうことは100%あり得ません。

死亡保険金は、「残された家族の生活を守る!」ためのものですから、この必要保障額をはっきりさせることが先決です。

その必要保障額をカバーすることのできる保険を、各生命保険会社の商品よりピックアップして、その保険を
比較することで、初めて一番有利な(お得な)生命保険というものがはっきりするわけです。

実は今から20数年前に外資系の保険会社が日本にやってきて、圧倒的に業績を伸ばしていったのも、この必要保障額をしっかりと弾き出して、それを完全にカバーする保険というものを販売したからです。

しかもそうすることで、保険料自体も大幅に安くすることができたりするので、ユーザーからすれば
「願ったり適ったり」なわけです。

この必要保障額を算出するためには、FF(ファクト・ファインディング=実情調査)を行ってもらう必要が
あります。

もう少し具体的に説明しますと、FFというのは下記のようないくつかの質問に、あなたが回答することにより、あなたのニーズを明らかにし、それを数値化し必要保障額を算出するというものです。

このFFを行なってくれるのは、必要保障額を算出するためのツールを持っている外資系の保険営業マンやFP(ファイナンシャルプランナー)、更には保険ショップなどです。

「FFってなんだか面倒くさそうなんだけど・・・」

確かにFFというのは、「人と会って質問に答える」ということをしなければならないので、面倒くさいと言えば面倒くさいです。

でも考えてみてください。

FFを行なってもらうなんて、“一生に一度あるかないか”のことです。

しかもそれにより、あなたに必要な保障額がわかるのですから、保険の比較をするのはもちろんのこと、保険を見直したり、新たに加入するという場合には絶対に必須項目です。

その結果を見るだけでも有益です。

もし面倒くさがって、FFを行なわずに、ネットなどのランキングを参考に保険商品を選んでしまったら、必ずと言っていいほど後悔します。

この“後悔”は、私が実際に生命保険営業マンとして活動していた時に数多く見てきたからこそ言えることなのです。

なんてことも往々にしてあるのですから、一時の面倒くささを拒否している場合じゃない(^^;)
というのが、経験者である私からのアドバイスです。

「やっぱりFFの結果を確かめてみたい!」「我が家の必要保障額が知りたい!」

と感じたなら、ファイナンシャルプランナー(FP)や保険ショップの保険無料相談を利用するといいでしょう。

あなたはご存じないかもしれませんが、多くの方が保険無料相談を利用して、必要な保障額を確認した上で、
いろんな保険会社の保険比較をしています。

ファイナンシャルプランナーも保険ショップも数多くの保険会社の商品が扱えますので、必要保障額をカバー
した各保険会社の商品を、あなたの目の前に提示してくれます。

あなたは、その提示された商品群を前にすることで、完璧な保険の比較ができるわけです。

また彼らはあなたが保険の営業マンに対して持っているイメージとは全く異なった対応をしてくれますので、
その点でも心地よい相談ができます。

なお、「今は保険の比較だけにしておいて、加入はもう少ししてから。」という考えの方でも大丈夫です。

FPや保険ショップからプランを提示されたからと言って、その保険に加入しなくても全然問題ありません。

あなたに必要な保障を明確にし、保険の比較をするために利用するだけでもOKなのです。

もちろんしつこい営業や強引な営業もないので、その点でも安心できます。

保険は長い期間支払いが伴いますので、しっかりと比較をして納得するまで時間を掛けていいと思います。

title_bar74

FPや保険ショップへの申し込みはネットから簡単にできます。

FPの無料相談については、FP紹介会社に申し込みをします。

そうしますと、FP紹介会社があなたのプロフィールに見合ったFPを紹介してくれます。

またFP紹介会社の中には、登録しているFPのプロフィールや顔写真、そして相談実績などを明示して、
逆に相談希望者の方から逆指名できるようなシステムを設けているところもあります。
(私が推奨しているFP紹介会社の1つです)

全国対応ですから、あなたがどこにお住まいでも対応可能です。

基本的にFPが、あなたが指定した場所まで訪ねてきてくれますし、交通費の支払いも必要ありません。

ご自宅でも職場でも、更には近所のコーヒーショップでも無料相談が可能ですが、せっかくなので静かな
場所を確保しましょう。

その方がきちんとしたFFを行なってもらえますし、納得の保険の比較もできるはずです。

なおあなたはご存じないと思いますが、FPへの保険相談と言うのは、今では完全に市民権を得ており、
毎日、日本のいたるところで数百件~数千件の無料相談が行なわれています。

FP紹介会社への申し込み~生命保険無料相談までの流れは次の通りです。
保険,比較

FP紹介会社はいくつかありますが、どうせなら「質の高いFPを紹介する」と評判の会社の方がいいですよね。

自信を持ってお勧めできるFP紹介会社Best3理由と共にこちらで紹介しています。

なお、ご自分でFPを探そうと考えるのは止めるべきです。

その理由は「FP紹介会社を通じてFPを紹介してもらうことが大切な理由」にてご説明しています。

top-fig14あなたがお住まいの地域にも保険ショップはあるかもしれませんので、そちらに足を運んでも構いませんが、
最近テレビCMの影響で無料相談に来る人が多く、待たされることも想定されるので、予約をしてから訪ねる
ことをおすすめします。

あなたの住まいの近くにある保険ショップはこちらのサイトで検索・予約が可能です。

FPにしろ保険ショップにしろ、今では完全に市民権を得ており、多くの方が無料相談に申し込んでいます。

なお「すべてが無料だから」ということで遠慮する必要もありません。

納得の保険比較のために、大いに利用してほしいと思います。

なおFPと保険ショップの相違点に関しては、こちらで説明していますので、よろしければご覧ください。

生命保険トピックス

FPのチカラ




PAGE TOP ↑