失敗のない保険の選び方の前に、絶対省略できない重要事項

ここでは保険の選び方(特に死亡保険)の前に、絶対省略できない重要事項についてお話ししたいと思います。

保険の役割というのは、家族の稼ぎ頭であるご主人(あなた)が亡くなった時に、

「残された家族が不自由のない生活を送れるようにすること」

だと思います。
従って、その役割を果たせない保険というのは、ある意味中途半端なものだと言えます。

こう言うと、「払える保険料は決まっているから・・・」とおっしゃるかもしれませんが、実は保険というのは安いものから高いものまであって、それをうまく組み合わせることができます。

すなわち保険料というのは、オーダーメイドでいかようにもできるのです。

洋服などはオーダーメイドすると高額になりますが、保険の場合はそのようにはならないのです。

このことを理解していただければ、大切なことは保険料がいくらになるのかではなく、

「残された家族が不自由のない生活を送るための保険金がいくらなのかを知ること」

ではないでしょうか?

まずはここを明確にしてから、その保険金をカバーしてくれる保険の選び方を論じないと本末転倒になって
しまう気がするのです。

お昼休みに職域訪問してくる “セールスレディー” や“保険のおばちゃん”は

「みんな5000万円くらいの保障にしているわね!」

「○○さんの年齢なら3000万円くらいが普通よ!」

と言ってプランを持ってきますが、あまりにもいい加減です。

もわからないままに、ひとまず提案書だけは持ってくる・・・。

むしろ「残された家族が不自由のない生活を送るための保険」となるには、上記のような重要項目を明確に
しなければならないのです。

そして、それこそが

保険を販売する側にとっても、一番大切な使命だと思います。

これらの重要項目がわかれば、下記のように必要な保険金を時系列的に数値化することができますので、
それをカバーする保険を選びさえすれば、失敗のない保険の選び方が完了するというわけです。

fig-3

縦軸が必要資金(単位:万円)で、横軸が年齢となります。

必要資金から準備済資金(預貯金や国からの補助である遺族年金など)を差し引いた残り(上のグラフで言えば青色の部分)が「残された家族が不自由のない生活を送るために必要な保険金」ということになります。

「残された家族が不自由のない生活を送るために必要な保険金」=「必要資金」-「準備済資金」

これは各家庭により全く異なるものですが、総じて現在よりも将来の方が少なくて済むのが通例です。

もう少しわかりやすくご説明すると、仮に小学校に入学する子供さんが1人いらっしゃるとして、生活費と教育費だけを取り上げてみても、下図のように年が経つにつれて必要資金(=不自由のない生活を送るための資金)は減少します。

seimeihoken-erabikata-fig3

このことが理解できれば、「いつ亡くなったとしても5,000万円出る保険」というのは、無駄の多い保険であり、保険の選び方としても理にかなっていないということがわかります。

当然ですが、その分保険料も高くなるわけです。

先に「保険というのは安いものから高いものまであって」と話しましたが、この無駄の多い保険に加入しなければ、更に保険料を下げることも可能だということがお分かりいただけると思います。

いずれにしても、

「残された家族が不自由のない生活を送るために必要な保険金」を明らかにして、
「無駄な保険料の支払いをなくす」ために

試算をしてみることが大切だと思います。

この試算というのは、「FF」とか「ファクトファインディング」とか「実情調査」などと言って、
上記のようないくつかの必要項目に答えるだけで、「残された家族が不自由のない生活を送るために必要な
保険金」がわかるというものです。

これを明らかにすることが、失敗のない保険の選び方の前に、絶対省略できない重要事項だと考えます。

試算表作成の専門家と保険の選び方の手順

このような試算を仕事の中心に据えているのが、保険を得意分野としているFP(ファイナンシャルプランナー)です。

実はFPの中には“保険無料相談”を受け付けている人がいて、その中で試算表などの作成もしてくれます。

元々彼らはコストダウンを図ることが仕事でもありますから、保険に関してもそのスタンスでアドバイスを
してくれます。

試算表を作成して、「残された家族が不自由のない生活を送るために必要な保険金」がわかれば、それをカバーするために必要な保険商品というものがわかるので、その保険商品というものを各生命保険会社が販売している商品群の中から選んで契約するというのが、失敗のない保険の選び方の手順ということになります。

FP(ファイナンシャルプランナー)に無料相談で試算表の作成までをお願いして、それを参考に

「自分で各保険会社の商品群を調べて、一番良いと思う保険商品を選ぶ!」

ということでも問題ありません。そこで“保険無料相談”を終了すればいいだけです。

でも、あなた自身で選びきれないということであれば、FPに選んでもらうことをおすすめします。

FPは複数の生命保険会社の商品を取り扱うことができますので、その中よりあなたにとって一番有益な商品を提示してくれますし、申し込み自体もFPが代行してくれますから、非常に確実で手っ取り早い保険の選び方ができると考えます。

すなわち

という手順を、FPだけですべて完結させることもできるということです。

この一番有益な保険商品というのは、ただ保険料が安いものだけを指すのではなく、あなたにとってより
メリットの大きいものを指します。

保険料との兼ね合いで、2つの商品を組み合わせてオーダーメイドすることもあります。

この部分については、“保険無料相談”の中でFPがわかりやすく説明してくれるはずです。

もちろんFPに“保険無料相談”を頼んだとしても、決して契約しなければならないということはないので、
その辺は心配ありません。

どちらにしても「残された家族が不自由のない生活を送るために必要な保険金」を明確にすることが肝心ですから、まずは試算表作成にトライしてみませんか?

きっと満足いく保険の選び方ができると思います。

ところで、あなたは

「FPの保険無料相談なんか、これまでに聞いたことがないけど大丈夫?」

という不安をお持ちかもしれませんね。

そのように感じられるのも仕方ありません。

なぜなら、テレビコマーシャルなどで宣伝しているわけではなく、“保険無料相談”もネットを通じて
FP紹介会社に申し込むことになっているからです。

でも、この“保険無料相談”というのは

連日、数百件~数千件レベルで、日本全国で実施されているサービスなのです。

またあるFP紹介会社の相談実績で言うと、「設立8年間で、30万件を超えた!」とのことです。

この数字は「1日にしたら、117件もの無料相談をアレンジした。」ということを示しています。

FP紹介会社自体は何社もありますので、現在ではすっかり認知度の高いサービスとなっているのです。

FP(ファイナンシャルプランナー)以外では、保険ショップでも試算表の作成をすることができますので、
こちらでも「失敗のない保険の選び方」のお手伝いをしてくれます。

保険ショップ自体はテレビコマーシャルもやっているので、あなたもご存知かと思います。

「ほけんの窓口」「保険クリニック」「保険見直し本舗」といったブランド名が有名ですが、今では大小含め
全国に2,000店くらいあるので、あなたのお住いの近くにもあるかもしれません。

保険ショップも複数の生命保険会社の商品を扱うことができるので、試算により明確になった「残された家族が不自由のない生活を送るために必要な保険金」をカバーする商品を、各生命保険会社が販売している該当の生命保険商品の中より選んでくれますから、あなたはそれらの中から選定して契約することができます。

FP(ファイナンシャルプランナー)の保険無料相談も保険ショップの保険無料相談も、
絶対に注意すべきポイントというのがありますので、興味のある方は以下をクリックして必ずご確認ください。

「FP保険無料相談|重要事項とFP紹介会社ランキング」はこちら
「保険ショップの保険無料相談|注意事項と検索・予約」はこちら

以上「失敗のない保険の選び方」について説明してきましたが、あなたの保険選びの参考になれば幸いです。

生命保険トピックス

FPのチカラ




PAGE TOP ↑