22サイトの各運営者が選ぶ「がん保険ベスト3」一覧

がん保険を比較しようと「がん保険 比較」で検索すると、様々なサイトが表示され、その中でがん保険の
ランキングを掲載しているものが複数見られます。

そのがん保険ランキングを調べてみると(2015/10/26)、それぞれ独自の視点でのランキングではありますが、「がん保険ベスト3」として、次のようながん保険商品を掲載しています。

Aサイト 商品名 販売会社
1位 ガードエックス メットライフ生命
2位 みんなのほすピタるガンタイプ アメリカンホーム保険
3位 終身がん治療保険プレミアム チューリッヒ生命
Bサイト 商品名 販売会社
1位 アクサダイレクトのがん終身 アクサダイレクト生命
2位 終身ガン治療保険プレミアム チューリッヒ生命
3位 がん保険Believe オリックス生命
Cサイト 商品名 販売会社
1位 アクサダイレクトのがん終身 アクサダイレクト生命
2位 がん保険Believe オリックス生命
3位 がんベスト・ゴールドα AIG富士生命
Dサイト 商品名 販売会社
1位 がんベスト・ゴールドα AIG富士生命
2位 新 生きるためのがん保険Days アフラック
3位 ガードエックス メットライフ生命
Eサイト 商品名 販売会社
1位 スマイルセブン 朝日生命
2位 がんベスト・ゴールドα AIG富士生命
3位 がん保険Believe オリックス生命
Fサイト 商品名 販売会社
1位 がんベスト・ゴールドα AIG富士生命
2位 ガードエックス メットライフ生命
3位 がん保険Believe オリックス生命
Gサイト 商品名 販売会社
1位 アクサダイレクトのがん終身 アクサダイレクト生命
2位 アクサダイレクト生命 SBI損保
3位 がん保険Believe オリックス生命
Hサイト 商品名 販売会社
1位 がんベスト・ゴールドα AIG富士生命
2位 ガードエックス メットライフ生命
3位 アクサダイレクトのがん終身 アクサダイレクト生命
Iサイト 商品名 販売会社
1位 アクサダイレクトのがん終身 アクサダイレクト生命
2位 SBI損保のがん保険 SBI損保
3位 My終身ガン保険 チューリッヒ生命
Jサイト 商品名 販売会社
1位 新 生きるためのがん保険Days アフラック
2位 がん保険Believe オリックス生命
3位 がんベスト・ゴールドα AIG富士生命
Kサイト 商品名 販売会社
1位 がん治療支援保険 東京海上日動あんしん生命
2位 新 生きるためのがん保険Days アフラック
3位 がん保険Believe オリックス生命
Lサイト 商品名 販売会社
1位 みんなのほすピタるガンタイプ アメリカンホーム保険
2位 がん保険Plus+ チューリッヒ生命
3位 がん治療支援保険 東京海上日動あんしん生命
Mサイト 商品名 販売会社
1位 カチッとがん保険 アクサダイレクト生命
2位 My終身ガン保険 チューリッヒ生命
3位 新 生きるためのがん保険Days アフラック
Nサイト 商品名 販売会社
1位 がんベスト・ゴールドα AIG富士生命
2位 新 生きるためのがん保険Days アフラック
3位 がん保険Believe オリックス生命
Oサイト 商品名 販売会社
1位 がんベスト・ゴールドα AIG富士生命
2位 ガードエックス メットライフ生命
3位 がん保険Believe オリックス生命
Pサイト 商品名 販売会社
1位 がんベスト・ゴールドα AIG富士生命
2位 ガードエックス メットライフ生命
3位 がん保険Believe オリックス生命
Qサイト 商品名 販売会社
1位 がんベスト・ゴールドα AIG富士生命
2位 がん保険Believe オリックス生命
3位 新 生きるためのがん保険Days アフラック
Rサイト 商品名 販売会社
1位 終身ガン治療保険プレミアム チューリッヒ生命
2位 自由診療保険メディコム セコム損保
3位 じぶんへの保険プラス ライフネット生命
Sサイト 商品名 販売会社
1位 終身ガン治療保険プレミアム チューリッヒ生命
2位 ガードエックス メットライフ生命
3位 がんベスト・ゴールドα AIG富士生命
Tサイト 商品名 販売会社
1位 がん治療支援保険 東京海上日動あんしん生命
2位 新 生きるためのがん保険Days アフラック
3位 がん保険Believe オリックス生命
Uサイト 商品名 販売会社
1位 自由診療保険メディコム セコム損保
2位 新 生きるためのがん保険Days アフラック
3位 ガードエックス メットライフ生命
Vサイト 商品名 販売会社
1位 がんベスト・ゴールドα AIG富士生命
2位 がん保険Believe オリックス生命
3位 自由診療保険メディコム セコム損保

上記のランキングは、個別に見ればサイト運営者などの思惑などが絡んでくることも想定されるので、より公平なランキングとするべく、各がん保険商品が何回ランクインしているのかをまとめ、それぞれ
1位:3点、2位:2点、3位:1点
という形で点数化して、その合計点上位から順にランキング化してみました。
(保険料は35歳で計算)

このがん保険ランキングであれば、より信憑性の高いランキングになり得ますし、
その結果評価の高いがん保険を比較することができます。

fig-144

gold がんベスト・ゴールドα(AIG富士生命)
Total:29点 保険料(35歳男性) 5,263円/月額 終身払い
1位 8回
2位 1回
3位 3回
・悪性新生物診断給付金(2年経過後なら何度でも):100万円  
・上皮内新生物診断給付金(2年経過後なら何度でも):50万円 
・悪性新生物初回診断一時金:100万円 
・先進医療:2,000万円まで 
・がん入院:10,000円 
・がん手術給付金:20万円 
・がん(悪性新生物)診断後、保険料免除
 ※保険料は別にして、最高300万円の一時金を貰える保障内容にできる。
silver がん保険Believe(オリックス生命)
Total:16点 保険料(35歳男性) 3,560円/月額 終身払い
1位 0回
2位 4回
3位 8回
・悪性新生物診断給付金(初回のみ):100万円
・上皮内新生物診断給付金(初回のみ):100万円
・がん治療給付金(2年経過後なら何度でも):50万円
・先進医療:2,000万円まで
・がん入院:10,000円
・がん手術給付金:20万円
・がん退院一時金:10万円
・がん通院給付金:10,000円
・がんに罹ったとしても保険料免除は無し
silver ガードエックス(メットライフ生命)
Total:15点 保険料(35歳男性) 4,959円/月額 終身払い
1位 1回
2位 5回
3位 2回
・悪性新生物診断給付金(1回のみ):100万円
・上皮内新生物診断給付金(2年経過後なら何度でも):50万円
・悪性新生物治療給付金(1年に1回、通算5回まで):100万円
・上皮内新生物治療給付金(1年に1回、通算5回まで):50万円
・ホルモン剤治療:30万円
がん入院:5,000円
・がん通院:日額5,000円
・先進医療:2,000万円まで+先進医療にかかる技術料相当額の20%
・がん(悪性新生物)診断後、保険料免除
bronze2 新 生きるためのがん保険Days(アフラック)
Total:15点 保険料(35歳男性) 4,129円/月額 終身払い
1位 1回
2位 5回
3位 2回
・悪性新生物診断給付金(2年経過後なら何度でも):100万円
(診断給付金複数回支払特約を付加することで)
・上皮内新生物診断給付金(2年経過後なら何度でも):10万円
(診断給付金複数回支払特約を付加することで)
・がん入院:10,000円
・がん通院:日額10,000円
・がん手術給付金:20万円
・放射線治療:20万円
・抗がん剤治療:10万円or5万円
・先進医療:2,000万円まで
・保険料免除はなし
5位 アクサダイレクトのがん終身(アクサダイレクト生命)
Total:13点 保険料(35歳男性) 1,990円/月額 終身払い
1位 0回
2位 6回
3位 2回
・悪性新生物診断給付金(1回のみ):100万円
・上皮内新生物診断給付金(1回のみ):100万円
・がん入院:10,000円
・がん手術給付金:10万円
・がん退院特約:10万円
・先進医療:500万円まで
・がんに罹ったとしても保険料免除は無し
6位 終身がん治療保険プレミアム(チューリッヒ生命)
Total:9点 保険料(35歳男性) 4,789円/月額 終身払い
1位 2回
2位 1回
3位 1回
・悪性新生物診断給付金(2年経過後なら何度でも):100万円
・上皮内新生物診断給付金(2年経過後なら何度でも):100万円
・がん入院:10,000円
・がん手術給付金:20万円
・放射線治療:10万円
・抗がん剤・ホルモン剤治療:10万円
・がん通院特約:10,000万円
・先進医療:2,000万円まで+療養費15万円
・がん(悪性新生物)診断後、保険料免除
7位 がん治療支援保険(東京海上日動あんしん生命)
Total:7点 保険料(35歳男性) 5,331円/月額 終身払い
1位 2回
2位 0回
3位 1回
・悪性新生物診断給付金(2年経過後なら何度でも):100万円
・上皮内新生物診断給付金(1回のみ):100万円
・悪性新生物初回診断給付金(1回のみ):100万円
・がん入院:10,000円
・がん手術給付金&放射線治療:20万円
・抗がん剤治療:10万円
・がん通院特約:10,000万円
・先進医療:2,000万円まで
・がん(悪性新生物)診断後、保険料免除
8位 自由診療保険メディコム(セコム損保)
Total:6点 保険料(35歳男性) 1,590円/月額 5年更新型
1位 1回
2位 1回
3位 1回
・悪性新生物診断給付金(3年経過後なら何度でも):100万円
・上皮内新生物診断給付金(3年経過後なら何度でも):100万円
・がん入院保険金:かかった入院治療費を全額無制限
・がん外来保険金:かかった通院治療費を1,000万円まで(5年ごとにリセット)
・先進医療:かかった費用全額
・がんに罹ったとしても保険料免除は無し
9位 みんなのほすピタるガンタイプ(アメリカンホーム保険)
Total:5点 保険料(35歳男性) 3,162円/月額 終身払い
1位 1回
2位 1回
3位 0回
・悪性新生物診断給付金(2年経過後なら何度でも):100万円
・上皮内新生物診断給付金(2年経過後なら何度でも):20万円
・がん入院:10,000円
・がん手術給付金:10万円or3万円
・ガン退院療養一時金:10万円
・抗がん剤治療:10万円
・がん通院特約:5,000円
・先進医療:1,000万円まで
・がんに罹ったとしても保険料免除は無し
10位 SBI損保のがん保険(SBI損保)
Total:4点 保険料(35歳男性) 1,160円/月額 5年更新型
1位 0回
2位 2回
3位 0回
・悪性新生物診断給付金(2年経過後なら何度でも):100万円
・上皮内新生物診断給付金(2年経過後なら何度でも):100万円
・がん入院保険金:かかった入院治療費を全額無制限
・がん外来保険金:かかった通院治療費を1,000万円まで
・先進医療:かかった費用全額
・がんに罹ったとしても保険料免除は無し
11位 My終身ガン保険(チューリッヒ生命)
Total:3点 保険料(35歳男性) 3,162円/月額 終身払い
1位 0回
2位 1回
3位 1回
「終身ガン治療保険プレミアム」の発売をもって販売を終了
11位 カチッとがん保険(アクサダイレクト生命)
Total:3点 保険料(35歳男性) 1,110円/月額 10年更新型
1位 1回
2位 0回
3位 0回
・悪性新生物診断給付金(1回のみ):100万円
・上皮内新生物診断給付金(1回のみ):100万円
・がん入院:10,000円
・がん手術給付金:10万円
・がん退院特約:10万円
・先進医療:500万円まで
・がんに罹ったとしても保険料免除は無し
11位 スマイルセブン(朝日生命)
Total:3点 保険料(35歳男性) 4,327円/月額 終身払い
1位 1回
2位 0回
3位 0回
・悪性新生物+6大疾病一時金(2年経過後なら何度でも):100万円
・上皮内新生物+6大疾病一時金(2年経過後なら何度でも):100万円
・悪性新生物+初回一時金(1回のみ):100万円
・上皮内新生物+初回一時金(1回のみ):100万円
・先進医療:2,000万円まで+先進医療見舞金45万円
・がん+6大疾病により特定状態で保険料免除
14位 がん保険Plus+(チューリッヒ生命)
Total:2点 保険料(35歳男性) 1,072円/月額 10年更新型
1位 0回
2位 1回
3位 0回
・悪性新生物診断給付金(2年経過後なら何度でも):100万円
・上皮内新生物診断給付金(1回のみ):100万円
・がん入院:10,000円
・がん手術給付金:20万円(所定の手術の場合+50万円)
・がん退院一時金:5万円
・通院給付金:5,000円
・がん再入院特約:5,000円
・先進医療:500万円まで
・がんに罹った場合、10年分の主契約保険料を全額返還、ただし保険料の払込は必要
15位 勇気のお守り(損保ジャパン日本興亜ひまわり生命)
Total:1点 保険料(35歳男性) 3,452円/月額 終身払い
1位 0回
2位 0回
3位 1回
・悪性新生物診断給付金(2年経過後なら何度でも):100万円
・上皮内新生物診断給付金(2年経過後なら何度でも):100万円
・がん入院:10,000円
・がん手術給付金:10万円~40万円(手術による)
・放射線治療(内容による)
・外来通院給付金:10,000円
・先進医療:1,000万円まで
・がんに罹ったとしても保険料免除は無し
15位 じぶんへの保険プラス(ライフネット生命)
Total:1点 保険料(35歳男性) 1,895円/月額 10年更新型
1位 0回
2位 0回
3位 1回
・悪性新生物診断給付金(1年経過後なら何度でも):100万円
※上皮内新生物は対象外
・がん入院療養給付金:自己負担分給付(外来療養給付金と合わせ月10万円が上限)
・がん外来療養給付金:外来治療費給付(月5万円が上限)
・先進医療:かかった費用全額
※診断給付金、入院療養給付金、外来療養給付金と合わせ、最大で2,000万円まで

上記ランキングを利用すれば、がん保険の比較も簡単ですから、あなたの考えに近いがん保険商品の選別も簡単ではないでしょうか!?

是非有効にご活用ください。

title_bar73

 上記のランキングを見て、自分なりにがん保険の比較検討をしようとしても、

「自分にとって、どんながん保険(保障)が必要なのか?」

ということが、はっきりしていない場合は、「がん保険選び方|がん保険を選ぶ際におさえるポイント」をご覧いただくことをおすすめします。

それをご覧いただければ、「どんな保障を優先的に選択すべきか?」がお分かりいただけると思います。

がん保険を比較するという意味では、上記のランキングはかなり参考にはなりますが、一番大切なことは、
ご自身にとって必要な保障を明確にすることです。

もし「どんな保障が必要なのか判断がつかない。」ということであれば、FPや保険ショップなどの保険無料相談を利用するといいでしょう。

今ではすっかりお馴染みになったFP保険無料相談保険ショップ保険無料相談ですが、
絶対に把握して置かなければならい重要事項があります。

それぞれ下記にて詳しく説明していますので、興味があればご覧ください。

「毎日数百件~数千件レベルで利用されている」FP保険無料相談の詳細はこちら
 全国に2,000店舗あると言われる保険ショップ保険無料相談の詳細はこちら

 

生命保険トピックス

FPのチカラ




PAGE TOP ↑