がん保険選び方|がん保険を選ぶ際におさえるポイント

がん保険を選ぶ際に、絶対おさえておくべき重要ポイント

このサイトでは「がん保険選び方」の他「失敗しない医療保険の選び方」についても解説していますが、
「医療保険とがん保険ではどこが違うのか?」ということをはっきりさせておかないと、余計な保障を
選んでしまう可能性があります。

一般的に医療保険とがん保険に付加されることが多い特約で比較してみましょう。

比較項目 医療保険 がん保険
がんでの入院や手術 ○(入院給付支払い日数に制限あり) ◎(入院給付支払い日数無制限)
がん以外の入院や手術 ○(規定に従い給付) ×
がん診断給付金 × ◎(複数回給付されるものあり)
がんでの通院 ○(通院特約付加で給付、条件あり) ○(がん通院特約付加で給付、条件あり)
がん以外での通院 ○(通院特約付加で給付、条件あり) ×
先進医療特約 ◎(先進医療とされるもの全てが対象) ○(がん治療目的の先進医療だけが対象)

上記の通り、医療保険に加入している場合に、そちらで特約として付加している保障があるとしたら、がん保険を選ぶときに不要な特約がありますので、注意が必要です。

また医療保険そのものにがん保険特約を付加している場合もありますから、そのような場合も、別途がん保険に加入するということもないようにしなければなりません。

ここでは、医療保険に加入しているか否かを考慮せずに、がん保険の選び方として絶対おさえておくべき重要
ポイントについて、順を追って説明していきたいと思います。(既に医療保険にて付加されている保障については参考程度にしてください。)

失敗しないがん保険の選び方としては、まずがん保険にはどのような保障(特約)があり、どれを優先的に付加すべきかを明らかにしたいと思います。

がんに罹った場合に一番心配になるのは、「命そのもの」であることは間違いありませんが、次に心配になるのは、治療費がいくらかかるのかということではないかと思います。

がんで入院や通院をして治療するとなると、本人はもちろんのこと、家族の交通費(ガソリン代含む)や食事代、更には日用品代、寝衣代、個室代(差額ベッド代)、診断書代、テレビ視聴代など、様々な経費が掛かってきます。

また子供さんなどがいる場合で、奥さんが付き添いのために家を離れるような時には、子供さんの面倒を
見てもらうために、親せきや専門の人に自宅に来てもらうことが必要になるかもしれません。
そんな時にも費用が掛かることが考えられます。

もちろん、入院給付金やがん通院特約を付加していれば、それで補填できますが、それらは生命保険会社に申請をして、生命保険会社が給付要件に該当するかを審査したうえでOKとなった場合に、初めて支給されるものになります。

そのようなタイムラグを防ぎ、安心して治療に専念できるようにするためには、がん診断給付金が本当に
役立ちます。
とにかくがんだと診断されれば、すぐに一時金として50万~200万円(契約による)を受け取ることができます。

緊急性や利便性を考えたら、入院給付金日額の金額を下げてでも、がん診断給付金の額を大きくした方が
賢明
だとさえ感じます。
がん診断給付金の使い道については自由ですから、いろんな意味で心強いに違いありません。
場合によっては、このがん診断給付金ですべての医療費が賄えるかもしれません。

がん保険の選び方として、真っ先に考慮すべき特約であることは間違いありません。

下表は、がんの種類と平均入院日数及び平均医療費になります。

がんの種類 平均入院日数 平均医療費
胃の悪性新生物 18.8日 975,060円
結腸の悪性新生物 15.4日 828,190円
直腸の悪性新生物 18.7日 1,121,630円
気管支および肺の悪性新生物 14.1日 758,570円
乳房の悪性新生物 12.9日 764,830円

※公益社団法人全日本病院協会/疾患別の主な指標 2013年1-3月より

通常の入院と違い、やはり金額的には非常に高くなります。
しかし実際に健康保険に加入している人は、この3割負担ですし、更に高額医療費制度により、普通の方
であれば8万円強の実質負担で済みます。

ただし、これは保険適用の治療に限っての話しであり、保険適用外の先進医療を受けるとなると、まったく話は違ってきます。

下記の通り、重粒子線治療と陽子線治療は250万円を優に超えるお金が必要となります。

技術名 年間実施件数 1件当たり費用
重粒子線治療 1,639 3,086,917円
陽子線治療 2,916 2,635,433円

※平成26年度( 平成25年7月1日~平成26年6月30日 )実績報告より、自主編纂

この先進医療により、がんが治る可能性が高まるとすれば、何としてでも受けたいと思うはずです。

やはりこの保障は絶対に必要です。しかも保険料が異常に安く、月額100円程度です。
100円程度で250万円を超える治療費が全額賄えるとしたら、こんな安い買い物はありません。

基本的にがん先進医療特約は、がん治療のために行った先進医療の費用を、そっくりそのまま補填してくれるものになります。

がん入院給付特約の場合、医療保険における入院給付特約とは違い、「1入院支払限度日数」や「通算支払限度日数」などの制限はありません

がん治療のための平均的な入院日数というのは、年々短縮される傾向にありますが、がん自体は再発や転移
による再入院ということが十分に考えられる病気です。
従って、制限がなくもらえる入院給付金というのも心強いものだと思います。

ただ一方で、がん診断給付金の額さえしっかり確保していれば、がん入院給付特約がなくてもいいのではと思うこともあります。

とは言え、がん診断給付金というのはがん入院給付特約とセットの場合が多く、またがん診断給付金自体は、
何度でも必ずもらえるわけではない(条件を満たせば複数回もらえることもある)ので、保険料の許す範囲で
付加した方がいいでしょう。

がん入院給付特約に近い形のもので、入院した時に5万円などの一時金がもらえるタイプもあります。

最近のがん治療の傾向として、通院しながら治療(抗がん剤治療など)を継続するということが多くなってきました。
それだけ治療法が進化してきたという証でもあります。

下の表とグラフは、人口10万に対して、がんを原因として入院あるいは外来(通院)している人を年次ごとに記したものになります。

調査年度・月 入院 外来
平成8年10月 107人 101人
平成11年10月 108人 95人
平成14年10月 109人 94人
平成17年10月 113人 110人
平成20年10月 111人 123人
平成23年10月 107人 130人

※厚生労働省平成23年患者調査(傷病分類編) ※人口10万に対して   ※上表をグラフ化したもの

ご覧いただいてお分かりの通り、通院患者の方が多くなってきています。
それだけに、がん通院特約がより重要度を増してきたと言えるのではないでしょうか?

がん通院特約による給付については、各社いろいろな規定を設けていますので、しっかりと確認することも忘れないようにしてください。

このような表は、がん保険の選び方に非常に参考になりますね。

がんの治療のために手術をした時に一時金がもらえるものです。
入院給付金の○倍とか、定額で10万円とか20万円という形で給付されます。

やはりまとまった金額が給付されるのはありがたいですね。

化学療法や放射線治療を受けた際に、1回につき10万円とか20万円が給付されるものです。
化学療法・放射線治療系の特約という形でワンセットになっている特約もあるようです。

基本的に化学療法や放射線治療は保険適用治療ですから、仮に高い治療費用がかかったとしても、高額医療費制度の対象となりますから、他の特約がしっかりしていればそれほど必要はないでしょう。

保険料もかかることですから、よほど心配性の方以外はパスしてもよいと思います。

退院後の通院治療を見越しての特約と言っていいでしょう。

入院日数に応じて給付されるものや、予め10万円などと設定されていて、その金額が給付されるものなどが
あります。
通院特約を付けていれば、あまり必要性のない特約だと言えそうです。

以上7つの特約を見てきましたが、がん保険の特約として付加してもらいたい優先順位としては、

ganhoken-erabikata-fig1

かなと考えます。

やはり必ず必要となるもの(必要となる確率の高いもの)、かつ大きな負担をカバーするものから優先的に付加することが、失敗しないがん保険の選び方だと思います。

①がん診断給付金特約この給付金は、「がんと診断された時に給付されるもの」ですが、保険会社により給付内容に違いがあります。

ご覧いただいてお分かりの通り、「上皮内新生物」に対して条件を付けている生命保険会社があります。
上皮内新生物とは、がんの初期状態のものをいい、まだ上皮内に留まっているものを指します。治療をすれば
転移する危険性もなく、そこまで深刻になる必要のないがんとされています。

一方、上皮内を越えて他の組織にまで浸潤している状態のものを「悪性新生物」と呼び、上皮内新生物と区別
してとらえている生命保険会社がほとんどなのです。

しかしながら最近の傾向として、上皮内新生物を除外してがん診断給付金を給付するという会社はほとんどなくなり、上皮内新生物の区別なく全額給付するか、上皮内新生物の場合減額して給付するか、いずれかの会社が
ほとんどになりました。

もちろんがん保険の選び方としては、上皮内新生物の区別なく全額給付されるタイプのものを選んだ方がいいでしょう。

がん診断給付金特約について、もう一つ注意していただきたいのが、このがん診断給付金が何回出るのか
いうことです。

よく知られている通り、がんは転移とか再発することが多い病気です。
従ってがん診断給付金が何回出るのかということは、がん保険を選ぶにあたって非常に重要な要件になってきます。

上記の通り各社それぞれ特徴があります。
また細かなところで条件が異なっていますから、慎重にその条件を吟味することが大切です。

上記では「治療後2年以上経過してから」と記載していますが、「治療後1年以上経過してから」という
条件を付けている会社もあります。

がんがいつ転移し、いつ再発するかは誰もわかりませんから、この「がん診断給付金が何回出るのか?」ということと、2回目以降に出る条件というのは、がん保険の選び方においては非常に重要です。

②がん先進医療特約

この特約は、がん先進医療を受けたときに、それにかかった医療費を全額保障するものになりますが、通算で500万円まで保障してくれるところ、1,000万円まで保障してくれるところ、2,000万円まで保障してくれるところなど各社差があります。

中には遠方の方でも受けやすくするようにと、宿泊費・交通費を含んで保障する生命保険会社もあります。

がん先進医療特約の保険料自体は異常に安い(月額100円程度)ので、できれば2,000万円まで保障してくれるタイプを選ぶことが、選び方としては正解でしょう。

③がん入院給付特約

下表は厚生労働省の「患者調査の概況」より転記した「退院患者の平均在院日数」になります。

がんの種類 平成8年 平成11年 平成14年 平成17年 平成20年 平成23年
胃の悪性新生物 47.1 47.1 39.3 34.6 26.8 22.6
大腸の悪性新生物 40.0 39.0 34.1 30.7 19.2 17.5
肝及び肝内胆管の悪性新生物 38.4 33.2 30.4 26.9 22.4 18.6
気管、気管支及び肺の悪性新生物 50.1 44.8 39.7 34.1 27.2 21.7
乳房の悪性新生物 記録なし 記録なし 記録なし 記録なし 記録なし 11.8

平成8年より3年ごとに調査した結果になりますが、毎回退院患者の平均在院日数は減少しています。
平成8年と平成23年を比較すると、どのがんにおいても入院日数が半減しています。

これは医療技術が進歩したことにより入院日数が少なくて済むようになったことや、通院治療の比率が高く
なったことが大きな要因ですが、国の施策(「診療報酬」の改正)により、病院側の長期入院をさせたくない
という思惑
も絡んでいます。

がん入院給付特約では「入院支払限度日数」や「通算支払限度日数」が無制限という特徴はありますが、
平均在院日数が短縮化している点、通院治療が主流になりつつある点などを鑑みて、1日当たりの給付金の金額を決定する必要があるでしょう。

また、「入院給付金の額によって診断一時金の額が決まってくる」という会社も多いので、その辺も加味して
決定する必要があります。

④がん通院特約

がん通院特約で気を付けなければならないのは、「通院のみの治療でも給付されるのか?」ということです。

と言いますのも、がんによる入院後の通院を条件にしているものも見受けられるからです。

がん治療が通院によるものにシフトされつつある現状を鑑みたときに、入院の有無にかかわらず通院治療給付金が給付されるのかは、非常に重要な部分になりますので、しっかりと確認してください。

また保障される治療内容と給付日数や通算日数の上限はどうなっているのかも、要確認事項になります。

⑤がん手術給付金特約

所定のがん手術を受けた場合に給付されるもので、入院給付金の10倍・20倍・40倍支給されるものや、10万円とか20万円といったように定額で支給されるものがあります。

回数無制限が多いのですが、手術により制約を受けるものがありますので、その辺も確認しておいた方がいいでしょう。

⑥化学療法特約・放射線治療系の特約

化学療法(腫瘍用薬使用やホルモン剤使用)や放射線治療を用いて治療をした時に給付されるものです。
腫瘍用薬というのは、抗がん剤という名前で知られています。

化学療法特約ではなく、抗がん剤特約という名の特約もありますが、抗がん剤特約の場合には、ホルモン剤を
利用しての治療も対象になるのかどうか
をしっかりと確認しておく必要があります。

⑦退院給付特約この特約を付けた分だけ保険料が上がるのは当然ですが、その上がった保険料に微々たるプラスαの金額が
上乗せされて支給されるだけなので、まったく無用だと考えます。  死亡した場合に保険金を受け取れる特約になります。
商品により、がんによる死亡時だけ支払われるものと、がん以外の疾病で死亡した時にも支払われるものがあります。
所定の在宅療養をする場合支払われるものになります。
乳がんでやむなく乳房を切除し、その後乳房再建手術を受けた場合に、給付金を受け取ることができます。

がんと診断されたら保険料が免除になります。
がんになった時は毎月の保険料が負担になる可能性がありますので、保険料免除特約が付加されていると安心です。

いずれも特約保険料が掛かりますので、経済的なものを考慮して、どうしても必要だと思うものを選択してください。

なお標準的な特約ではありませんので、付加することができない会社が多いです。

がん保険の選び方として、がん保険の特約について詳述してきましたが、先ずどの特約を付加するのかを
決めなくてはなりません。

付加する優先順位として、私なりの考えから以下のようなご提案をさせていただきましたが、これについては
あなたの考え方と違うということも十分考えられます。

また下記以外の特約についてもご説明しましたので、それも含めご自身で熟考いただき、付加する特約を
決めてください。

付加する特約が決まりましたら、各生命保険のサイトに行き、試算をしてみて、ご自身のお考えにピッタリの
商品を選定して契約をするという流れになるかと思います。

なお生命保険会社41社一覧はこちらで確認可能です。
http://www.seiho.or.jp/member/list/

また、ネット上で試算できる生命保険会社は以下の通りとなっております。(2015/12/14現在)

  生命保険会社名 保険料試算の可否など
1 アクサ生命保険株式会社
2 アクサダイレクト生命保険株式会社
3 アフラック(アメリカンファミリー生命保険会社)
4 AIG富士生命保険株式会社
5 オリックス生命保険株式会社
6 住友生命保険相互会社
7 損保ジャパン日本興亜ひまわり生命保険株式会社
8 チューリッヒ生命
9 東京海上日動あんしん生命保険株式会社
10 ネオファースト生命保険株式会社
11 三井住友海上あいおい生命保険株式会社
12 楽天生命保険株式会社
13 メットライフ生命保険株式会社
14 メディケア生命保険株式会社
15 ライフネット生命保険株式会社
16 明治安田生命保険相互会社 ○中途半端
17 太陽生命保険株式会社 ○中途半端
18 マニュライフ生命保険株式会社 商品パンフレット ダウンロード(試算可能)
19 カーディフ生命保険会社 資料請求のみ
20 ジブラルタ生命保険株式会社 資料請求のみ
21 ソニー生命保険株式会社 資料請求のみ
22 第一生命保険株式会社 資料請求のみ
23 大同生命保険株式会社 資料請求のみ
24 日本生命保険相互会社 資料請求のみ
25 富国生命保険相互会社 資料請求のみ
26 フコクしんらい生命保険株式会社 資料請求のみ
27 プルデンシャル生命保険株式会社 資料請求のみ
28 三井生命保険株式会社 資料請求のみ
29 朝日生命保険相互会社 資料請求のみ
30 株式会社かんぽ生命保険 がん保険単体なし
31 クレディ・アグリコル生命保険株式会社 がん保険単体なし
32 ソニーライフ・エイゴン生命保険株式会社 がん保険単体なし
33 第一フロンティア生命保険株式会社 がん保険単体なし
34 T&Dフィナンシャル生命保険株式会社 がん保険単体なし
35 PGF生命 (プルデンシャルジブラルタファイナンシャル生命保険株式会社) がん保険単体なし
36 マスミューチュアル生命保険株式会社 がん保険単体なし
37 三井住友海上プライマリー生命保険株式会社 がん保険単体なし
38 みどり生命保険株式会社 がん保険単体なし
39 エヌエヌ生命保険株式会社 がん保険単体なし
40 SBI生命保険株式会社 新規受け付け停止中
41 アリアンツ生命保険株式会社 新規受け付け停止中

  

ご自身で試算するのが面倒だと言われる方や、付加する特約について専門家にアドバイスを受けたいと言われる方は、今人気のFPや保険ショップの無料相談を利用するといいでしょう。

彼らは複数の生命保険会社の商品を扱うことができますので、がん保険についての商品知識も豊富に有しておりまし、有益ながん保険の選び方についても熟知しています。

あなたがなかなか気付けないようなアドバイスをしてくれるものと思います。

またあなたが希望されるなら、プランの提示もしてくれます。
プランの提示を受けたからと言って、必ず加入しなければならないということないので、気軽に依頼すればいいと思います。

FP無料相談についてはこちらで詳しく解説しています
★「抜群の信頼度を誇る」紹介会社のランキングなども掲載しておりますので、是非ご覧ください。

保険ショップの無料相談についてはこちらで詳しく解説しています

 

以上がん保険の選び方について、順を追ってご説明してきました。

がんは徐々に治る病気へと変わりつつありますが、それだけにその治療費の負担がこれまで以上に伴うものに
なりそうです。

このサイトが、あなたのがん保険の選び方の一助になれば幸いです。

生命保険トピックス

FPのチカラ




PAGE TOP ↑