FP紹介会社に登録できるFPの条件とは?

FP紹介会社に登録できるFPの条件とは?

FPによる生命保険無料相談において、FP紹介会社が一番望んでいるのは、

「相談者が生命保険無料相談に満足してもらえること。」

だと言って間違いありません。
従って、それを達成するために必要だと思われることをFPの登録条件としているのです。

FP紹介会社はいくつかありますが、概ね次のような条件を提示しています。

※FP紹介会社毎に、多少の違いはあることはご了承ください。

上記のような条件を満たすFPのみが紹介会社に登録できることになっていますので、相談者にとっては
それなりに安心して無料相談の申し込みができると言えます。

敢えて「それなりに安心して」と記載したのは、そうは言っても登録してくる「FPの本当の能力というのは
実際に無料相談の場になってみないとわからない」
からです。
あなたもそのように感じたかもしれませんね。

でもこれについても、実はそれほど心配する必要はないと言えます。

なぜなら、FP紹介会社の中にはイエローカード制度(別の呼び方もあり)を設けていて、相談者がFPに不満やクレームがある場合は、連絡をすれば別のFPを再度手配してくれるところがあるからです。

そのようなFP紹介会社は相談者から不満やクレームの電話が入れば、そのFPに相談希望者を紹介しなくなったり、最悪登録を抹消します。
すなわちレベルの低いFPはほとんど淘汰され、優秀なFPだけが残るというわけです。

従ってほとんど心配する必要はないと言えるのです。

このことがありますので、もしあなたがFPの生命保険無料相談に申し込みたいと考えた場合は、
イエローカード制度(別の呼び方もあり)を設けているFP紹介会社に申し込んだ方が良いと言えます。

日本人は往々にして「タダより高いものはない!」という様な感覚を持ちます。
従って生命保険無料相談についても、敬遠してしまうという人が多いだろうと推測されます。

でも「なぜ無料相談ができるのか?」については、理由と仕組みがあるので、全然敬遠する必要はないのです。

その理由と仕組みについては「なぜFP生命保険相談が無料?|FP無料相談サービスの仕組み」でご説明していますので、そちらをご覧いただければと思います。

また、「無料相談をすれば契約をしないと悪いしなあ。」というような感覚をお持ちになるかもしれませんが、それも全く不要な感覚です。
同様に上記のページをご覧いただければご理解いただけるでしょう。

もっと言うと・・・

生命保険は家の次に高い買い物だと言われています。
それにもかかわらず、これまでの日本における生命保険の加入の仕方を振り返れば、
あまりにも容易に結論を出していたと言えるのではないかと思うのです。

これからは一定レベル以上の生命保険に精通したFPの無料相談を大いに利用して、無駄のないベストな生命保険を選択していただきたいと思います。

イエローカード制度などを設けており、利用者からもすこぶる評価の高いFP紹介会社ベスト3をご案内しておきます。

gold 保険マンモス
FPの顔写真・プロフィール・実績・担当地域などを見て指定できます
FPのチカラ

FP紹介会社として最も信頼できる会社です。全国の1000人以上のFPが登録。

先の日経 BP コンサルティングが実施した「保険相談サービスを利用したことがある方を対象に行った、サービス利用時のFPの印象調査」にて、「FPが信頼できる」「FPの対応が丁寧」「FPの知識が豊富だった」等、16項目中11 項目において、訪問型FP紹介会社の中で第1位を獲得。
その上質のFPを、更に実績と写真を確認しながら相談依頼ができるという他社とは一線を画したサービスを提供中!平均22社の保険を取り扱い中です。
利用者満足度95%。FPに満足できない場合、イエローカード制(0120-030-730)がありFPの変更も可能。

 

silver 保険のビュッフェ
登録FPの実績が半端じゃない。相談実績1人平均1,127件!

登録FPは600人以上で、ここのウリは何と言っても登録しているFPの実績が凄い。
FP1人当たりの平均経験年数:7.4年、相談実績:1,127件ということで、群を抜いています。
運営会社が本格的にこのFP紹介事業に乗り出してから3年目ということで第2位にしていますが、FPの質だけを見れば、第1位の保険マンモスにもひけをとりません。
安心して紹介依頼ができる会社です。
担当のFPが合わないということであれば、変更も可能(0120-800-857)です。

 

bronze みんなの生命保険アドバイザー
「保険無料相談」サービスを全国最初に発信!
パワープランニング株式会社/みんなの生命保険アドバイザー

登録FP(全国1400人以上)は平均20社の保険商品の取り扱いができるために、広範囲に亘った知識を持ち合わせてあり、有益なアドバイスが可能です。
先の日経 BP コンサルティングが実施した「保険相談サービスを利用したことがある方を対象に行った、サービス利用時のFPの印象調査」にて、保険マンモスに迫る結果を出しています。
担当のFPが合わないときには「ストップコール制度」(0120-958-926)により、FPの変更も可能。
保険無料相談を受けたユーザーの94%が満足したと答えています。
今ならアンケートに答えると5000円分の謝礼がもらえます。

生命保険トピックス

FPのチカラ




PAGE TOP ↑