保険の見直しを特定の保険会社に所属する営業マンにお願いする時代は終わった!

日本国内にある保険会社の数は40社以上

多くの方は、40数社の内の1社に所属している営業マンから保険に加入しています。

つまり終身保険も、定期保険(特約)も、医療保険も、がん保険(特約)も、介護保障(特約)も、その他諸々の特約も、ほとんど同じ保険会社の商品を買っていることになります。

他の保険会社であれば、同じ商品でもっと安いものがあるというのに、比較することなく加入してきたわけで、
それが当たり前の時代だったのです。

しかし時代は変わりました。

昨今の保険見直しにおいては、他社の商品同士も容易に比較できるようになり、その結果を見てベストな(一番安い保険料の)保険をチョイスすることが当たり前になってきたのです。


保険の見直しで一番大切なこと。それはあなたに必要な保険をできるだけ安く調達すること!

同じ保険でも、これだけ月々の保険料(掛け金)に差があります。(2015年12月3日現在)



終身保険を比較すると、高いところと安いところでは 月額5,450円の差
医療保険を比較すると、高いところと安いところでは 月額944円の差  

もしあなたが「保険の見直し」ということで、E社の終身保険とJ社の医療保険を選んだとしたら、  
月額で6,394円余計に支払うことになります。  

1年で76,728円 、 30年で2,301,840円 も多く支払うことになるのです。

想像しただけで気が遠くなります。

当然保険を見直しするなら、終身保険はA社のもの、医療保険ならF社のものにするはずです。

これは、各社の生命保険商品を比較してみたからこそわかることなのですが、この比較さえできれば、
保険の見直しにおいても、一番お得なものをオーダーするということができるのです。

これこそが、「必要な保険をできるだけ安く調達すること」です。

そして、特定の保険会社に所属している(一社専属)営業マンから保険に加入しない限りは、
今ではそれが当たり前のようにできるようになったのです。

もう一社専属の保険営業マンから保険に加入する時代ではなくなったとも言えます。


保険の比較、ネット上でも手軽にできるようになりましたが・・・

あなたも既にご存知かもしれませんが、最近は各保険会社の同じ商品同士を簡単に比較できるサイト
がありますので、保険の見直しのための大まかな比較ならネット上でも可能です。

またネットだけで保険を販売する会社すら存在するわけですから、時代も変わったものです。

しかし、この比較サイトにも弱点があります。

例えば、各社の同じ保険商品を比較しているとしても、

など、重要な部分を加味した比較ができないのです。

単純に保険料が安くても、解約した時の解約返戻金が極端に少ないとすれば、その保険はあなたの考えに合わないかもしれないのです。

従ってあくまでも大まかな比較しかできないということを認識しておく必要があるのです。

保険見直しのために、真の意味での比較検討をするには、各社の資料などを取り寄せて調べるしかありません。

そこまで手間暇を掛けて見直すということが「失敗しない保険見直し」には必要だと言えるのですが、現実的にはなかなかできないというのが本音かと思います。


保険の見直しでは、金融全般に詳しいFP(ファイナンシャルプランナー)が主役に!

上述の通り、素人の方にとっては、保険の見直しというのは、それほど簡単ではありません。

また年齢が上がれば上がるほど、見直しした時に不利になりますから、一旦見直しをしたら、再度見直しをする
ことがないようにしなければなりません。

これを考えたら、やはり保険の見直しをするなら、一度は専門家に相談するということも検討されてはどうでしょうか?

家や車を買う時には、失敗しないために「その道のプロ(専門家)」の意見を聞くと思うのですが、家の次に高いと言われる保険ですから、やはり専門家の意見は参考になるはずです。

最近では保険に精通したFP(ファイナンシャルプランナー)や保険ショップの無料相談を利用する人が増えてきています。


“FPや保険ショップ”が特定の保険会社に所属する営業マンと違うところを挙げると、次のようになります。

上記のようにかなりの違いがありますので、利用者が増えているというわけです。
もちろん保険の提案をしてもらったからと言って、その保険に加入する必要もなく、しつこい営業などの心配
も無用ですから、どんな提案をしてくれるのかを確認するのもいいかと思います。

保険は家の次に高い買い物をすることでもあり、それだけに保険の見直しをする気になったのであれば、専門家であるFPや保険ショップの担当者のアドバイスに耳を傾けてみることは非常に大切であり、かつ有益なものになるはずです。


かつての生命保険の営業マンのイメージからすると、そのように思われるのも無理はありません。
実際にFPも保険ショップも、契約した保険種類によって受け取れる手数料というものが決まってくるので、
「自分たちに有利な商品を販売することはない」とは断言できないというのが本音だと思います。

しかしながら・・・

FPについては信頼のおけるFP紹介会社にFPの紹介を依頼することで、その危惧を極力減らすことができますし、
保険ショップについても、今では全国に2,000店舗以上ありますので、2店舗以上に足を運ぶことによって、
あなたの保険見直しにとって、より有益な商品というものが特定できるようになります。


詳しくご説明しますと・・・

FP紹介会社では、一定の条件をクリアした保険に精通したFPだけを登録・管理(コントロール)していますので、あなたのプロフィールにふさわしいFPを紹介・派遣してくれます。

また信頼のおけるFP紹介会社においては、ほとんどがイエローカード制度(呼び名は様々です)を持っており、
FPに関して相談者からクレームが来るとFPの登録を抹消したり、FPに相談者の紹介をしなくなりますので、
FPとしては勝手な行動がとれないような仕組みになっています。
FPがしつこい営業をできないのも、FP紹介会社のコントロール下にあるからです。
この辺についての詳しいことは「FP紹介会社を通じてFPを紹介してもらうことが大切な理由」にて説明しています。

また保険ショップについては、一部の店舗で「自分たちにとって販売手数料の高い商品ばかりを売っているのでは?」という指摘がありましたが、これを是正する目的で、金融庁が保険ショップに対して「販売で得た手数料や契約件数などを各保険会社の商品ごとに記載した報告書」を提出するように義務付け、2016年5月末より完全施行することが決まっています。
この改正保険業法の施行規則と監督指針案によって、保険ショップも公平・中立な立場での保険販売が義務付けられた形です。

また保険ショップにおいて「しつこい営業はないのか?」という不安もあるかと思いますが、これは実際に無料
相談などを体験してみるとわかりますが、本当にそっけないくらいに電話も何もないというのが実態です。
と言うよりも実際問題として、

「保険見直しなどの相談に来る人が多いために、営業に費やせるほどの時間的余裕がない」

と言うのが本音です。それくらい保険ショップも忙しいという状況です。


FPについては、FP紹介会社に無料相談を申し込みますと、あなたのプロフィールに見合ったFPを紹介して
くれます。
またFP紹介会社の中には、登録しているFPのプロフィールや顔写真、そして相談実績などを明示して、
逆に相談希望者の方から逆指名できるようなシステムを設けているところもあります。
(私が推奨しているFP紹介会社の1つです)

全国対応ですから、あなたがどこにお住まいでも対応可能です。

基本的にFPはあなたが指定した場所まで足を運んでくれますので、余計な交通費も時間もかかりません。
ご自宅でも職場でも、更には近所のコーヒーショップでも無料相談が可能です。
保険の見直しでも新規加入でも、いずれも丁寧な対応をしてくれます。

FP紹介会社への申し込み~生命保険無料相談までの流れは次の通りです。
保険見直し

FP紹介会社はいくつかありますが、どうせなら「質の高いFPを紹介する」と評判の会社の方がいいですよね。

自信を持ってお勧めできるFP紹介会社Best3理由と共にこちらで紹介しています。
非常に多くの方が利用していますので、保険の見直しの際にも安心して利用できます。

なお、ご自身でFPを探そうと考えるのは止めた方が賢明です。

その理由は「FP紹介会社を通じてFPを紹介してもらうことが大切な理由」にてご説明しています。


あなたの近所にも保険ショップはあるかもしれませんので、そちらに直接出向いても構いませんが、昨今はテレビCMの影響で保険見直しに来る人が多く混みあっていることが予想されるので、予約をしてから訪ねた方がいいでしょう。

あなたの住まいの近くにある保険ショップはこちらのサイトで検索・予約が可能です。

FPにしろ保険ショップにしろ、今では完全に市民権を得ており、誰もが保険見直しのために無料相談に申し込んでいます。

「すべてが無料だから」ということで遠慮する必要もありませんし、仮に保険提案を頼んでも、加入する必要も
ないのです。

納得の保険見直しのために、大いに利用してほしいと思います。

なおFPと保険ショップの違いについては、こちらで説明していますので、良かったら参考にしてください。

生命保険トピックス

FPのチカラ




PAGE TOP ↑